頭のいい子が育つ「図形・空間認識」パズル3選 「イメージする力」の差が学びにさらに差を生む

印刷
A
A
答え

三次元でイメージする力を問うのに、最適の問題です。得意不得意がはっきり出るのが特徴で、できる子は、見えない線をたやすく想像してスイスイと仕上げます。

できる人には当たり前でも、できない人にどうやればできるようになるのかを教えるのはそう簡単ではない問題でしょう。親子の間でも、子どもの方が得意で、「どうしてできないの?」と子どもに不思議がられる、ということだってあるかもしれません。

「習うより慣れろ」でだんだん身につく

苦手な子には、実際に紙でつくって試すことが、もっとも理解しやすいようです。あれこれ教えようとするよりも「習うより慣れろ」で、割りばしの袋や紙テープなど、身近にあるもので遊ぶことで、裏表や左右・上下がどういう関係にあるのかがだんだんと身につくでしょう。

第2問
A~Gのビルがあります。そのまわりにヒヨコがいます。

(1)~(3)のように見えているときには、ヒヨコは①~⑤のどこにいますか。
次ページ答えは?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT