朝ドラ「ちむどんどん」の出足が暗黒だった理由 「マッサン」「パッチギ!」の延長としての朝ドラ

印刷
A
A
(画像:NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」公式サイトより)

これは「ザ・朝ドラ」の復活だな、と思った。

「ザ・朝ドラ」、つまり典型的な朝ドラ(NHK連続テレビ小説)の意。元気はつらつな少女が、逆境に耐えながら、自分の夢を追って大活躍するというポジティブ・ストーリー。

この連載の一覧はこちら

予告編では、見るからに元気はつらつな女の子が、沖縄の大自然の中、料理に目覚めて、細い手脚をバタバタとさせながら、大笑いしている。

しかし始まってみると、どうも様子が違うのだ。第2週までの感想を一言でいうと「暗黒」。

とにかく不幸、不幸、次から次へと不幸が押し寄せてくるのだ。

ちむどんどん幼少期編は不幸の連鎖

一言でいうと「アメリカ占領下の沖縄で貧困にあえぐ家族の物語」。もともとが借金を抱えた貧しい家族だったが、2週目の冒頭で父親(大森南朋)が死んでしまい、母親(仲間由紀恵)が、工事現場で力仕事をする羽目となる。

それでも家計は立ち行かず、子供に運動靴や体操着も買ってやれない。あげくの果て、いわゆる「口減らし」として、主人公の次女が沖縄を離れることを決意するのだが――。

情報過多の大騒ぎだった『カムカムエヴリバディ』の後、明るくほのぼのとした「ザ・朝ドラ」に戻すかと思っていたのだが、「いやいや、これは一筋縄では行かなそうだ」と思い直し、それでも貧しい家庭に感情移入して、ハマり始めているところなのだ。

今回は、そんな『ちむどんどん』について、いち朝ドラファンの評論家が感じる期待を述べてみたい。

次ページ第一は主演女優に対しての期待
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT