「ジャイキリ」弱者が強者を倒すお蔵入りアイデア 妄想を実現した者が世紀の番狂わせを起こす

印刷
A
A

今まで躊躇していたものを、なぜお話ししていただけるのか。その理由は私がコンサルタントという部外者だからだろう。加えて、超短期間で戦略について少人数でディスカッションをするウォールームという形式をとっていることも影響している。

少人数(座談)の効用については、読者の皆さまも実生活でいろいろ体験があると思う。ここでは、形式張った話や、そもそもといった話を伺う暇はない。最初に「短期間」でとお断りしているから集中でき、かつ距離感の近い議論ができるのだと思う。

「あ、今ならできるね」となった過去のアイデア

すると、おもしろいことが起きる。そのアイデアが出た当時は、まったく実現性がないと思われていたのに、今の技術だと簡単に実現できるようになっていたり、あるいは、M&Aのような、当時はいろいろな理由で躊躇してしまった手段が、今なら普通に検討できるようになったりしている。「あ、今ならできるね」となることがある。

当たり前の話だが、すべての企業が「世紀の番狂わせ」ができるわけがない。が、夢を描いてみるのは悪いことではない。どんな小さな企業であっても、それを口に出せば、非現実的、分不相応といわれるような妄想をもっていいと思う。

今を時めくソフトバンク、ユニクロ、海外でいえばグーグル、スターバックス等々は、最初に妄想を描き、それを実現してきた企業であることは広く知られている。

何よりも、若い世代の社員に、また希望とモチベーションが生まれるはずだ。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT