移住数が最多「20代女性」が東京に集まる深い理由 実は「企業の東京離れ」もほとんど起きていない

印刷
A
A

ではなぜ、20〜24歳の女性の多くは東京に転入してくるのでしょうか。

グローバル都市不動産研究所が上京経験のある男女(20 〜29歳)を対象に行った意識調査によれば、「東京都に上京した理由」は、

「東京に進学したい大学や専門学校があったから」(39.8%)
「東京で働きたかったから」(25.2%)
「異動や家族の都合で、やむを得ず上京した」(20.6%)

の順。この上位3つの理由は、男女ともに順位は変わりませんでした。ところが、4位以下の理由は男女で大きく異なってきます。20〜29歳の女性は、上京する理由として

「新しい生活を始めたいと思ったから」
「都会に憧れがあったから」
「地元や親元を離れたかったから」
「交通の便が良いと思ったから」
「趣味をより楽しみたかったから」

という理由が男性より際立って高くなっています。総じて、男性より女性のほうが東京への憧れは強いようです。

『2030年「東京」未来予想図』書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

以上見てきたとおり、2020年から始まったコロナ禍という状況においても、人口の東京一極集中は依然続いており、特に20〜24歳女性の動向が東京一極集中に大きく関わっていることがわかりました。

そして20〜24歳の女性たちが東京を目指すのは、「新しい生活を始めたい」「都会に憧れている」「地元や親元を離れたい」という強い理由があるから。

国は過去十数年にわたって、東京一極集中を是正するために、首都圏の大学や短大の定員の増加を禁止したり、地方に若い人たちが働く場を確保するなどの政策を進めていますが、「都会への憧れ」や「地元・親元を離れたい」という若い人たちの意識が変わらない限り、東京への一極集中はこれからも続いていくと考えるべきでしょう。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT