ミイラの盗掘がかつて盛んだった仰天すぎる背景 「不老不死の秘薬」と信じられた結果のバブル

印刷
A
A
始まりは単なる誤解だったようです(画像:incomible/PIXTA)
差別や現代人の感覚では理解の及ばない儀式、権力の暴走、悲惨な戦争など、一見「異常」と思える出来事にも、裏には別の目的や成果が隠れていることがあります。
登録者数27万人を誇るYouTuberの世界ミステリーchが、知られざる歴史秘話を通して世界の真の姿を探った『サイコな世界史』より「ミイラ」にかかわるパートを一部抜粋、再構成してお届けします。

死者が万能薬として日の目を見る

人為的に加工したり、自然の条件によって乾燥させたりして長期間原型をとどめている遺体、それがミイラです。

遺体をミイラにすることは古代より行われており、特に古代エジプトのものが有名です。死後の再生を願ったもので、神聖な儀式に則って手間隙をかけた工程を経て作られていました。中でも王や貴族のものなどは、3カ月ほどかけて作られていたといいます。

また、エジプト神話においては、冥界の神アヌビスがオシリスの最古のミイラを作ったため、ミイラ作りの神ともされています。

そんなミイラですが、かつては「万能薬」としてエジプトから世界中に輸出されていたという事実をご存じでしょうか? ミイラとなった人物も「死後の再生」を願われているはずが、まさか自分が生薬として世界中の人々に求められるとは思ってもみなかったでしょう。

そもそもミイラが薬とされてしまったことには、ミイラの盗掘が関係しています。キリスト教も流入するようになった3世紀頃のエジプトでは、ピラミッドや陵墓地帯としても知られるルクソールの王家の谷などで、すでに盗掘が始まっていました。盗掘をする者は副葬品をはじめとした財宝を主に狙い、それと合わせて遺体そのものも盗んでいたのです。

こうして盗み出されたミイラは、中東や北アフリカ、そして交易の果てにヨーロッパへと持ち出されるようになります。盗み出されたミイラが「薬」として取引されたことも13世紀頃の記録として残っており、「農民がアルバイトでミイラを掘り出している」と記されています。

さらにミイラは丸々一体、または分割された状態で、カイロやアレクサンドリアの港からヨーロッパに持ち込まれたことまで記録されていました。

ヨーロッパでは「ミイラが万病に効果がある」と信じられ、上流階級御用達の高級な薬となりました。

次ページ呪術的な要素ではなく現実的な理由があった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT