会社を辞め「古びた祖父の店」継ぐ青年の強い覚悟 漫画「用九商店」(第1巻)

印刷
A
A
よろず屋を中心に、日常を懸命に生きる人々の交流、そして1人の青年の学びと成長を描き、台湾で多くの読者の心をつかんだ作品、『用九商店』を紹介します

「祖父が倒れた」という知らせを受けて、数年ぶりに台北から故郷の田舎町に戻った楊俊龍(ヤン・ジュンロン)。祖父が営んでいた「よろず屋」を俊龍は店じまいするつもりでいたが――。

用九商店 1
『用九商店(1)』(トゥーヴァージンズ)。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

日本にもかつて、多くあった「よろず屋」。俊龍は、そこが祖父だけでなくさまざまな人々の記憶が詰まっている場所であることに気づく。「そこにあるだけで安心させるものがある」。

都市化が進む台湾でも、よろず屋のようなお店は徐々に消えつつある。そんなよろず屋を中心に、日常を懸命に生きる人々の交流、そして1人の青年の学びと成長を描き、台湾で多くの読者の心をつかんだ作品が『用九商店』だ。

2017年、台湾の漫画界で最高の栄誉とされる「金漫奨(きんまんしょう)」において「年間漫画賞」「青年漫画賞」をダブル受賞、2020年には金漫奨に新設され、読者投票で選ぶ「インターネット人気賞」で第1位を獲得した阮光民(ルアン・グアンミン)の名作「用九(ようきゅう)商店」。その第1話を紹介します。

この記事の漫画を読む(47ページ)
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT