「おかずをもう1品、手早く」できる簡単レシピ5選 「物足りない」を解決するメイン以下、副菜以上

印刷
A
A
◆ちくわとブロッコリーのカレーマヨ炒め
ブロッコリーの代わりにゆでた青菜でもOK。見た目も食べごたえも十分な上に、カレーマヨ味で食べ飽きない!ちくわやはんぺん、かにかまなどの魚介加工品はお財布にも優しいうえにヘルシーでうまみもたっぷり。食感も楽しい副菜に仕上がります(撮影:豊田朋子)
材料(2人分)
ちくわ…4本(100g)
ブロッコリー…小1/2株(100g)
サラダ油…小さじ1
A
|マヨネーズ…大さじ2
|カレー粉…小さじ1/3 
|塩…ひとつまみ
|こしょう…少々
作り方
① ちくわは縦半分、長さ半分に切る。ブロッコリーは小房に分ける。
② フライパンにブロッコリー、水大さじ3(分量外)を入れて蓋をする。中火にかけて4分ほど蒸し、余分な水分が残っていたら飛ばす。
③ ②のフライパンにサラダ油、ちくわを加えて炒める。焼き色がついてきたらAを加えて炒める、焼き色がついてきたらAを加えて炒める。

冷蔵庫の中にあるものでチャチャッと作る

たとえば、メインが魚料理のときなんか「あれ?これじゃ物足りないかも……」と不安になることはありませんか?

これならもう一品作れそう
『これならもう一品作れそう』(サンマーク出版)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

ほかにも、「肉っけが足りなくて、さびしい」「食べ盛りの子どものために、お腹いっぱいになるものが欲しい」など、こんなシチュエーションのときにもあると嬉しいメイン以下、副菜以上のボリューム感のあるもう一品があると嬉しいですよね。

冷蔵庫や冷凍庫に残っているラップで包んだ数切れの豚肉や豆腐や缶詰、ちくわなどのお財布に優しく、扱いやすい食材があればすぐにできあがる副菜ばかり。

毎日時間に追われていて、食事づくりを考えることに時間を割きたくない人ほど、先に簡単に作れるメイン料理を決めて、そこに足したら嬉しいものを「もう一品」でプラスするという考え方に切り替えれば、満足度があがる食卓が作れるはずです。

前回:「おかずの色がさみしい時」に重宝するレシピ5選(4月6日配信)

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT