「おかずをもう1品、手早く」できる簡単レシピ5選 「物足りない」を解決するメイン以下、副菜以上

印刷
A
A
◆豆腐の落とし揚げ
メインがお肉料理のときにあと一品プラスするなら、大豆加工品はヘルシーなのにボリュームもだせる優秀食材。揚げるのがちょっとひと手間だけど、お酒のおつまみにも最高だからやってみて(撮影:豊田朋子)
材料(2人分)
木綿豆腐…1丁(300g)
芽ひじき(乾燥)…8g
A
|溶き卵…1/2個分(25g)
|小麦粉…大さじ3
|しょうゆ…小さじ1/2
|塩…小さじ1/4
揚げ油…適量
作り方
① 豆腐はペーパータオルに包んで同量程度の重しをのせ、15分ほどおいて水切りする。芽ひじきはたっぷりの水に15分ほど浸して戻し、水けを切る。
② ボウルに豆腐を入れてよくつぶし、芽ひじき、Aを入れて混ぜる。
③ フライパンに揚げ油を深さ2cmほど入れて170℃に熱し、②をスプーン2本でひと口大にまとめて入れる。ときどき返しながら5分、強火で1分ほど揚げ、油を切る。
※豆腐の水分量によって生地の固さが異なります。やわらかすぎる場合は小麦粉を足して調整してください。

缶詰のストックさえあれば

◆さばとなすの梅みそ炒め
もう一品を作るのがちょっと億劫なときも缶詰のストックさえあれば気軽にボリューム副菜が完成します。梅の風味と酸味がアクセントになった飽きのこない味に(撮影:豊田朋子)
材料(2人分)
さばみそ煮缶…1缶(200g)
なす…2本(160g)
ピーマン…2個
梅肉…2個分(20g)
サラダ油…大さじ2
しょうゆ…大さじ1
作り方
① なす、ピーマンはひと口大の乱切りにする。
② フライパンにサラダ油を中火で熱し、①を炒める。全体に油が回ったら蓋をして、弱火で2~3分蒸す。
③ さば缶を缶汁ごと加え、粗くほぐす。
しょうゆ、梅肉を加えて中火にし、さっと炒め合わせる。
※梅干は塩分15%のものを使用しています。お使いの梅干の塩分により量を調整してください。
次ページ缶詰のストックさえあれば
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT