渋谷109に登場「よつ葉乳業」期間限定店の正体 「よつ葉のバター」は有名だけど、アイスって?

印刷
A
A
4月1日〜17日の期間限定でSHIBUYA109渋谷店にオープンしている「よつ葉 ice stand」。若い世代へ発信していきたいというよつ葉乳業の思いから、イマダ キッチンとのコラボが実現した(撮影:今井康一)
この記事の画像を見る(4枚)

とくに食の業界において、北海道のブランド力は大きい。例えば「北海道産の素材」という言葉には、品質の高さや、ものづくりのていねいさ、そしてもちろんおいしさ、といったさまざまなプラスのイメージがある。

そんな北海道ブランドを背負って、この春、渋谷に登場したのがよつ葉乳業だ。SHIBUYA109エンタテイメントが運営する「IMADA KITCHEN」(イマダ キッチン)とのコラボレーションによる、「よつ葉 ice stand」を4月1日~17日の期間出店中だ。このショップでは、よつ葉乳業が4月1日から発売した「よつ葉北海道アイスクリーム」を使用した、アイスパフェやミルクセーキなど6商品を楽しむことができる。

お菓子作りをする人の間でも評価が高い

よつ葉乳業は1967年、北海道内の農協の共同出資により設立された会社で、売り上げの7割弱が業務用乳製品だ。シェアは国内業務用市場の4分の1という。当然、コロナの影響を大きく受け、全体の売り上げは2018年1080億円、2019年1076億円、2020年988億円と減少してきている。
ただし、事業の3割強を占める一般消費者向けの牛乳や、チーズ、バター、ヨーグルトなどは上向きだという。

4月1日に発売されたよつ葉北海道アイスクリーム。カップタイプ5種類のうち、イマダ キッチンではバニラ、ドルチェ あまおう苺のレアチーズケーキ、ドルチェ ローストピスタチオ&ラズベリー(302円)を販売(撮影:今井康一)

一般消費者向けの商品はお菓子作りをする人の間でも評価が高く、ネットでは「よつ葉のバターどこで買えるの?」といった書き込みが多く見られる。道外では一部のスーパーや生協などに扱いが限られているためだ。

こうしたひそかな人気の源泉はどこにあるのだろうか。

よつ葉乳業商品開発グループ部長の東原輝昭氏に聞くと「よつ葉乳業のバターを使うこと自体に価値を感じられているのでは」という返答。どういうことだろうか。

次ページ40年以上もの間続いてきた「共同購入」
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT