「ソフトクリーム」が真冬の渋谷で売れるワケ

材料はスーパーで買える牛乳と同じだが…

北海道産ソフトクリームの期間限定ショップ「MILKLAND HOKKAIDO → TOKYO渋谷店」は3月11日まで(筆者撮影)

牛乳といえば、家の冷蔵庫に当たり前にある身近な飲み物。だからこそ、あまり喜んで飲む人はいないかもしれない。しかしその“当たり前”を“おいしい”に意識変革してもらいたいと、生産者によるある取り組みが進行している。

なぜこの寒い時期にソフトクリーム?

平日昼間も人通りが絶えない渋谷の一角、幾多の店舗が競い合う雑多な街路上に、ひときわ目立つ白黒牛柄の店舗がオープンした。北海道産ソフトクリームの期間限定ショップ「MILKLAND HOKKAIDO → TOKYO」だ。観察していると、三々五々、牛柄に吸い寄せられるように次々と人が入っていく。女性2人連れ、カップルはもちろん、男性の組み合わせも。

店内は、壁も階段も牛柄だ(筆者撮影)

「なぜこの寒い時期にソフトクリーム?」と感じる方も多いだろうが、実は東京でのオープンは3回目で、さらに今回は吉祥寺店との2店舗展開。リピーターも存在し、東京での評価を着々と得ている店舗のようだ。吉祥寺店では、日に1000~1500人が訪れ、週末には行列もできるという。

店舗概要を大まかに説明しよう。店名にも入っている「ミルクランド北海道」とは、北海道産牛乳・乳製品をアピール、消費拡大するために、2006年から進められている一連の運動。期間限定ショップだけでなく、テレビCMやスーパー・イベント会場における乳製品フェアなどを行っている。母体は北海道の農協団体であるホクレン農業協同組合連合会で、資金は酪農家からの拠出金で賄っているという。2015年12月、東京スカイツリー内ソラマチにオープンして以来、翌年12月にうめきたのグランフロント大阪、2017年2月二子玉川ライズ、11月の吉祥寺と展開を続けてきている。

次ページテイクアウト専門の渋谷店の目玉は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT