あのサイゼリヤ、新業態「500円パスタ」の正体

「テイクアウトできるスパゲッティ」の魅力

サイゼリヤが展開するワンコインパスタの「スパゲッティマリアーノ」(筆者撮影)

外食産業では、女性の視点を意識することが繁盛のコツといわれる。少なくとも、女性に「いいお店」と思ってもらわないと、グループ客も、カップルも、女性同士の客も取り込むことができない。リピート客を獲得できないどころか、口コミやネット、SNSで評価が下がってしまう可能性もある。

女性客にも受けのよいランチの店は少ない

ただし実際には、女性客にも受けのよい「安くておいしい店」というのは少ないようだ。特に、女性にとって使い勝手のよいランチの店というのがなかなか見つからない。もちろん女性でも、1人で牛丼チェーンやラーメン屋にどんどん入る人も増えているが、「空腹を満たすだけでなく、雰囲気も大事」という女性はやはり多いのだ。そうするとパスタとサラダ、飲み物で1000円ぐらいはかかってしまうのが普通だ。ここに、ランチにおける男女格差が存在する。

もちろん、これは飲食チェーンにとって差別化を図るための狙い目でもあるから、近年、状況は少しずつ変化してきている。スープやワンコインピザ、和食、うどんのチェーン店など、安くて女性が1人でも入りやすい種類の店も増えてきた。

サイゼリヤも、そうした方針を取り入れたチェーンの1つ。サイゼリヤといえばもともと財布に優しいイタリアンというイメージが定着しているが、価格をもう1ランク低くし、ワンコインで食べられる新業態「スパゲッティマリアーノ」を2016年7月に立ち上げた。サイゼリヤにとっては初めての新業態と思いきや、実は10年以上前から、ハンバーガー、タコス、サンドイッチなど、さまざまな業態の模索を続けてきていた。スパゲッティマリアーノの前身「マリアーノスパゲッティ」も、そうした試行錯誤の1つだった。

そうしたなかで、新スパゲッティマリアーノは、現時点で都内に3店舗、同社の新業態としては初めての成功例となった。1号店である茅場町店のオープン時は、最小限の宣伝しかしてないのにもかかわらず大きな反響があったという。

次ページ「ターゲットは女性」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT