アップル、GoProのようなミニカメラに触手?

ウェアラブルカメラに関する特許を取得

 1月13日、米アップル<がウエアラブルカメラに関する特許を取得したことが米特許商標庁の文書で明らかとなった。シドニーで昨年9月撮影(2015年 ロイター/DAVID GRAY)

[13日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>が、ウエアラブルカメラに関する特許を取得したことが米特許商標庁(USPTO)の文書で明らかとなった。アップルは自転車ヘルメットやスキューバダイビング用マスクへのカメラ装着が可能としており、同様の製品を製造するゴープロ<GPRO.O>と競合する可能性がある。

アップルはさらに、特許製品を使い、水中での写真撮影や録音もできるとしている。

13日の米国株式市場で、アップルは0.8%高と底堅く推移。一方、ゴープロは対照的に売り込まれ12%強急落している。

こうしたなか、JMP証券のアナリスト、アレックス・ゴーナ氏は、アップルが早期にウエアラブルカメラを投入してくると考えるのは時期尚早と指摘。「アクション・カメラ備品の発売がアップルにとって現時点で最も妥当な製品拡充であるとは思われない」と述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT