アップル、GoProのようなミニカメラに触手?

ウェアラブルカメラに関する特許を取得

 1月13日、米アップル<がウエアラブルカメラに関する特許を取得したことが米特許商標庁の文書で明らかとなった。シドニーで昨年9月撮影(2015年 ロイター/DAVID GRAY)

[13日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>が、ウエアラブルカメラに関する特許を取得したことが米特許商標庁(USPTO)の文書で明らかとなった。アップルは自転車ヘルメットやスキューバダイビング用マスクへのカメラ装着が可能としており、同様の製品を製造するゴープロ<GPRO.O>と競合する可能性がある。

アップルはさらに、特許製品を使い、水中での写真撮影や録音もできるとしている。

13日の米国株式市場で、アップルは0.8%高と底堅く推移。一方、ゴープロは対照的に売り込まれ12%強急落している。

こうしたなか、JMP証券のアナリスト、アレックス・ゴーナ氏は、アップルが早期にウエアラブルカメラを投入してくると考えるのは時期尚早と指摘。「アクション・カメラ備品の発売がアップルにとって現時点で最も妥当な製品拡充であるとは思われない」と述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。