アップル、GoProのようなミニカメラに触手?

ウェアラブルカメラに関する特許を取得

 1月13日、米アップル<がウエアラブルカメラに関する特許を取得したことが米特許商標庁の文書で明らかとなった。シドニーで昨年9月撮影(2015年 ロイター/DAVID GRAY)

[13日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>が、ウエアラブルカメラに関する特許を取得したことが米特許商標庁(USPTO)の文書で明らかとなった。アップルは自転車ヘルメットやスキューバダイビング用マスクへのカメラ装着が可能としており、同様の製品を製造するゴープロ<GPRO.O>と競合する可能性がある。

アップルはさらに、特許製品を使い、水中での写真撮影や録音もできるとしている。

13日の米国株式市場で、アップルは0.8%高と底堅く推移。一方、ゴープロは対照的に売り込まれ12%強急落している。

こうしたなか、JMP証券のアナリスト、アレックス・ゴーナ氏は、アップルが早期にウエアラブルカメラを投入してくると考えるのは時期尚早と指摘。「アクション・カメラ備品の発売がアップルにとって現時点で最も妥当な製品拡充であるとは思われない」と述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT