売れすぎiPhone6、なぜこんなに好調なのか? シェア急上昇をもたらした3つの理由

印刷
A
A

2015年は、果たしてどのような新iPhoneがリリースのだろうか。これまでのサイクルを踏襲するなら、大画面化された4.7インチ、5.5インチのiPhone 6・iPhone 6 Plusのセカンドバージョンが、デザインには大きな変更がないままでリリースされるはずだ。

加えて、2014年はアップデートされなかったiPhone 5s・iPhone 5cという4インチのコンパクトサイズのiPhoneについても、アップデートされることが予測されている。こちらは新しいデザインも含めて、期待したいところだ。

スペック面への期待はこれまでのiPhoneと、あるいはスマートフォン一般と特に変わらない。高速なプロセッサ、高速な通信、防水も含めた高い耐久性、長いバッテリーライフ、そしてより安い価格だ。

個別の機能でいけば、4Kビデオの撮影・再生・無線転送(それに耐えうるプロセッサと無線通信の強化、本体ストレージやクラウド容量の拡大)や、Apple Pay用に搭載しているNFCの汎用利用、より割れにくいサファイヤガラスの採用などへの期待ということになる。

スマートフォン自体が大きく変わる

さらに、アップルは「スマートフォンの役割の変化」に対しても積極的にかかわっていくのではないだろうか。

スマートフォンは現在最も身近なコンピュータ、通信デバイス、という位置づけであり、インターネットに接続する最も身近な手段となった。通信の相手もネットの向こう側であることがほとんどだ。

しかしIoTや決済サービスなどが充実する中で、通信の向こう側ではなく「目の前の何か」とのインタラクションを行うための道具になってきた。今後、通信の相手である「目の前の何か」が増え続けることで、「身の回り全体」という環境が相手になる。

ラスベガスで開催中のInternational CES 2015でも、こうしたスマートデバイスを活用する新しい生活の一端を垣間見ることができる。

アップルはiPhoneを、例えば、「スマートフォン」から「スマートライフ・コア」へと存在を変化させられるかどうか。また既存の開発者とともに、どのような道筋をつけていくのか、2015年はこうした未来を見つけるきっかけが得られるはずだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT