売れすぎiPhone6、なぜこんなに好調なのか? シェア急上昇をもたらした3つの理由

印刷
A
A

3つ目のポイントは、もう少し感覚的な話になる。サイズが拡大されたことは指摘したが、このディスプレイの美しさは、目を見張るものがあるのだ。アップルは画面拡大と解像度向上から「Retina HDディスプレイ」という名称でこのディスプレイを紹介している。

見てみると、まるでステッカーでも貼ってあるのかというくらい、広い視野角とコントラスト、色の再現を両立させている。ディスプレイと表面のガラスのスキマがなく奥まった感じがない。

ガラスと金属のボディと一体化されているように見え、今までのディスプレイとは全く違うように映るのだ。これをアップルストアなどの店頭で一目見てしまうと、購入意欲を失わせることはないだろう。 

懸念されるアップル4つの課題

弱点を潰すことによって顧客に訴求することに成功したiPhone。しかし、今後も安泰かといえばそうではないだろう。iPhone、あるいはアップルが直面している課題も多い。

1つめは供給問題だ。iPhone 6・iPhone 6 Plusの品薄状態は筆者の住む米国でも非常に長く続いた。9月19日に発売されたデバイスを予約して、筆者が手に入れたのは11月1日だった。

感謝祭から始まるホリデーシーズンに向けて、在庫の安定化に努めていたようだが、それでも、例えばiPhone 6 Plusのゴールド 128ギガバイトは手に入りにくい状態が続いた。

こうした状況を反映するかのように、米国のアップルストアでは、例年、リリースからら2カ月程度で発売されるSIMフリーモデルが、ようやく1月7日に発売となった。

今後中国の旧正月を迎え、授業の高まりと生産・流通が動きにくいシーズンを迎える。需要の変化からiPhone 6 Plusに比重が移されるとされており、今度は米国でiPhone 6の品薄も懸念されている。

Apple Watchには懸念も

2つめはウェアラブルデバイスの「Apple Watch」だ。アップルのウェアラブルデバイスはiPhoneを前提にして動作する。

つまりターゲットはiPhoneユーザーだ。大きな販売台数を重ねているiPhoneのユーザーに対して、アップルが提案するケース以外の数少ないアクセサリとしてとなる。

次ページApple Watchに潜む課題
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT