有料会員限定

PR会社2大巨頭が繰り広げる代理戦争 M&Aの勝敗を左右

印刷
A
A

M&Aには必ずといっていいほどPR会社2社が登場、バトルを繰り広げる。

「あくまでも友好的な買収提案であるということをアピールしてほしい。決して横やりを入れたわけではないんだよと」

2020年9月。PR会社であるボックスグローバル・ジャパンの元に一本の連絡が入った。相手はニトリホールディングス(HD)のフィナンシャルアドバイザー(FA)。ホームセンター大手の島忠の買収案件に関する相談だった。

その段階で島忠は、同業であるDCMHDによる買収におおむね合意し、TOB(株式公開買い付け)に関して、最後の詰めの段階に至っていた。そこに突如、ニトリが参戦することを決めたのだ。

両社が合意している友好的なTOBに新たなプレーヤーが参戦するなど、過去にほとんど例がなく、誰が見ても横やりを入れたようにしか思えない。そうした見方を覆すのは極めて難しい状況で、ボックスが出した結論は、ニトリの似鳥昭雄会長に記者会見で思いを語ってもらい、株主に訴えようという戦略だった。

似鳥氏に対しボックスは、創業の地である北海道から本州に進出した際、島忠を参考にしてきたといったエピソードをちりばめながら、「島忠に対する熱い思いを語ってください」とアドバイスした。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内