有料会員限定

アクティビストたちの変貌 エイリアンか助言者か

印刷
A
A

こわもての印象が強いアクティビスト。だが最近はソフト路線で企業に迫っている。

アクティビストに狙われたレオパレス21の臨時株主総会は大揺れに(2020年2月)

特集「ザ・M&Aマフィア」の他の記事を読む

「株主提案なのでむげにはできないが、彼らは株価を吊り上げて高値で売却することしか視野にない」

最近、村上系ファンドから事業再編を迫られた企業の幹部は、吐き捨てるように言う。

日本初のアクティビスト(物言う株主)として上場企業を震撼させた村上世彰氏。一時は鳴りを潜めていたが、今なお娘の絢(あや)氏や村上ファンド出身者らが代表を務める投資ファンドを通じて、大きな影響力を持ち続けている。

最近では2019年に経営危機に陥っていたレオパレス21に取締役全員の解任を求めたり、西松建設に2000億円の自社株買いを求めたりして注目を集めた。そのため冒頭の幹部のように、いまだ企業が恐れている存在だ。

狙われた企業からすればたまったものではなく、けむたいことこの上ないだろうが、資本市場を俯瞰してみれば評価は変わる。例えば、06年に阪神電気鉄道と阪急ホールディングスが経営統合した際、きっかけをつくったのは村上氏だし、19年に出光興産と昭和シェル石油が経営統合した際に出光の創業家を説得したのも村上氏。業界再編に一役買っているとの評価もあるのだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内