有料会員限定

三田証券が人気を集める理由 敵対的買収の駆け込み寺

印刷
A
A

他社が二の足を踏む業務をあえて手がける理由は。

M&A関係者の間では、「まず三田証券を押さえろ」が合言葉だ

特集「ザ・M&Aマフィア」の他の記事を読む

日本橋兜町の東京証券取引所から目と鼻の先。そこに従業員わずか80人程度にもかかわらず、M&Aかいわいで知らない者はいない証券会社がある。その名は、三田証券だ。

三田証券が注目される秘密は、敵対的買収案件においても、TOBの代理人業務を積極的に引き受けることにある。

TOBでは、株主が応募する窓口としての証券口座が必要。しかし、大手証券会社はいわゆる引き受け業務を行っているため“八方美人”にならざるをえず、敵対的買収案件には長らく二の足を踏んでいた。そこを三田証券がかっさらっているのだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内