阪神タイガース、「戦略転換」は吉と出るか

2014年はセ・リーグで唯一の観客数減

1月5日、恒例の新年互礼会に出席した阪神・南球団社長(右から2人目)。右端は中村GM。

プロ野球経営は『勝つ』『儲ける』といった2つの「利益」が求められる特種な事業だ。一般企業とは違って、1試合ごとに勝ち負けがつき、勝利したうえで収益をもたらさなくてはいけない。そこにチームを保有し、運営していく難しさがある。

「最後の優勝」は2005年、昨季ストーブリーグでは完敗

関西の老舗・阪神タイガースが創立80周年を迎えた。最後にセ・リーグ優勝を果たした2005年から10年間も歓喜から遠ざかっている。球団事務所で行われた年賀会では南信男球団社長が、①コミュニケーション②スピード感③ポジティブ―この3点をテーマに掲げて、ゲキを飛ばした。

「結束というのは勝負の世界では大事なこと。ただ、会社においても、全員が同じ方向を向いて、同じベクトルで仕事をしていくと大抵の目標は達成できる。野球界のサイクルは速い。今年は節目の年でもあるし、全員が結束して優勝に向かっていく」

一足先に80周年を迎えた昨年の巨人に引き続き、メモリアルイヤーで優勝の〝十字架〟を背負った球団にとって真価が問われるシーズンになる。 昨オフは珍しく「補強ゼロ」に終わったことで、現有戦力で戦わざるを得ないからだ。

米大アスレチックスからFA(フリーエージェント)になった中島裕之は、オリックスにさらわれた。投手ではロッテからFAした成瀬善久がヤクルト入り、調査していた中日山井大介、日本ハム宮西尚生はチーム残留。注目された金子千尋も、結局オリックスにとどまった。

つまり、阪神はストーブリーグで完敗を喫し、新人ドラフトを除けば戦力補強、底上げなしで本番を迎えることになりそうだ。

次ページ気づけば巨人と同じ道、観客数減に危機感
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。