復活?「小型液晶」 アップル特需は甘いか、酸っぱいか


小型液晶パネルなら、日本、韓国、台湾、中国と至る所で大量生産している。もっと多くのメーカーから購入すればいいようにも見えるだろうが、1インチにドット数が326個もある高精細な低温ポリシリコンIPS液晶を量産できるのは、LG、TMD、そして日立ディスプレイズの3社しかない。

他方、シャープは液晶製造の標準方式であるVA方式の家元。IPS液晶をつくっているわけではない。しかし、シャープの低温ポリシリコン液晶は「高精細」という点で遜色なく、採用実績でも他社を圧倒している。製品のラインナップが拡大する中で、アップルはさまざまなタイプの液晶を必要としている。パネル安定確保のために、シャープも投資支援先候補に入れたようだ。


アップル効果により「超高精細」が標準に

アップルがパソコンモニターに続き、アイフォーンやアイパッドにもIPS方式の液晶を採用した理由は、高精細、広視野角なうえに、タッチパネルとの相性がいいからだ。

台湾や中国の多くのパネルメーカーは、量産効果に優れたVA方式のアモルファス液晶を安価に大量販売するビジネスモデルを確立してきた。新興国向けに販売する携帯電話やデジタルカメラに搭載するパネルは、安さが必要条件。IPS液晶は価格もスペックも高すぎるため、高価格な“ガラパゴスケータイ”、デジタル一眼レフカメラ、高級カーナビなど搭載製品は限られていた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。