有料会員限定

第一生命 銀行代理業参入で誤算 金銭搾取事件が置き去りに

印刷
A
A
顧客を囲い込む狙いは不祥事で目算が狂った(撮影:梅谷秀司)

特集「保険 見直しの鉄則」の他の記事を読む

第一生命が2021年末、大手生保としては初めて銀行代理業に参入することを表明した。

主な狙いは保険契約者との取引を維持・拡大すること。保険金や給付金の入金後に取引関係が途切れてしまったり、入金先の銀行から資産運用の資金として狙われたりといったケースが、これまで少なくなかったからだ。

銀行代理業に参入すれば、第一生命専用の預金口座を保険契約者が持てるようになって、口座に保険金などを入金することができる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内