有料会員限定

先進医療特約の不都合な真実 月々わずか数百円の保険料で最大2000万円保障

印刷
A
A

金儲けに悪用された後、足元では存在意義が揺らいでいる。

(bee / PIXTA)

特集「保険 見直しの鉄則」の他の記事を読む

医療保険やがん保険などに、オプションとしてつけることができる「先進医療特約」。最大で2000万円までの費用について、月数百円の保険料で保障する特約が多く、その負担の軽さから加入を考える人は多い。

先進医療は、厚生労働省が指定する新たな医療技術だ。既存の技術に比べて効果があるのかどうかを、確認している段階にある。そのため、先進医療にかかった費用は100%自己負担となる。時に数百万円と高額になる費用に備えるための保険が、先進医療特約だ。

保険料が安い本当の理由

保険料が数百円と安いのは、先進医療の対象として指定されている医療技術が元々少なく、したがって実施件数も少ないからだ。

下図にあるように、2019年度までは大半が白内障手術のうち先進医療の「多焦点眼内レンズ水晶体再建術」だった。白く濁った水晶体を破砕し、人工レンズを入れる手術で、現在は先進医療の指定から除外されている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内