有料会員限定

ソニー生命 巨額不正に透ける経営体質 高まる不信感

印刷
A
A
不正送金事件で未熟な内部管理体制があらわに

特集「保険 見直しの鉄則」の他の記事を読む

再保険子会社を舞台にして2021年5月、約170億円という巨額の不正送金事件を引き起こした、ソニー生命。逮捕された元社員の男(30代)は同子会社に出向し、運用資産の現金化など清算業務に携わる中、上司の承認を偽装して米国の銀行口座に送金後、現金をビットコインに換え、着服しようとしていたとされている。

どういう内部管理体制を敷いたら、そうした事件が起きるのか。首をかしげたくなるが、経営を監督する金融庁の関係者は「信じがたい事案ですけど、そういうレベルの会社ということですよ」と半ば諦め顔だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内