有料会員限定

かんぽは正常化したのか 営業目標復活の危うさ

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

不適正募集の温床となったノルマを4月に復活させる。

不適正募集発覚で頭を下げる日本郵政の経営陣(当時)(撮影:梅谷秀司)

特集「保険 見直しの鉄則」の他の記事を読む

「4月から数字、頼むよ」「4月からはネジを巻いてください」。保険営業を担当している日本郵便の社員は、複数の郵便局を指導する幹部からそう声をかけられ目を丸くした。「数字」とは平たくいえば営業ノルマのことだ。

「2022年度営業目標設定に向けた社員周知」。そう題された1月20日付の文書には、2月10日までに「目標設定の意義と事業継続の重要性」について、「『別紙』を社員に手交し、社員に説明」するように、と書かれてある。

「別紙」には契約数の表を掲載。半期、四半期、月次、どれで見ても、新規契約数が消滅した契約数を下回る“純減”が続いていることが一目でわかる。

そのうえで「足元の販売状況は(中略)十分とはいえない」「目標を達成していくことは事業を持続させるために必要不可欠」「22年度からは(中略)純増目標を設定」と書いてある。

営業ノルマは不正の温床

この「別紙」には「決して以前の営業実績のみに着目した態勢にはもう戻らせない」と書いてあるが、現場を指導する幹部の意識はすぐに変わるものではない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内