有料会員限定

代理店評価制度の成否 存在感増し、問われる品質

印刷
A
A

今年9月から始動。制度運用の人員確保など課題は多い。

特集「保険 見直しの鉄則」の他の記事を読む

複数の保険会社の商品を販売する「乗り合い代理店」。来店型の保険ショップから訪問販売型まで、その数は全国で約2万2000店に上る。

生命保険文化センターの調べによると、代理店を経由して生命保険に加入した人の割合は、2021年で15.3%。保険会社の営業職員経由の55.9%に次ぐ大きさで、インターネット経由(4.0%)の3倍以上だ。

12年の調査では代理店経由が6.9%だったため、販売チャネルとしての存在感が年々増していることがわかる。

その代理店をめぐって今、大きな議論になっているのが、業界団体の生命保険協会が主導する「代理店評価制度」の統一だ。

背景には、生保各社がそれぞれ独自の基準で乗り合い代理店を評価し、「形式的な基準をクリアするだけで評価されるような項目が散見される」(生保協)という問題がある。業界全体で評価を統一することで、個々の代理店の業務品質向上につなげていこうとしているわけだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内