有料会員限定

最大は三菱UFJの57億円弱、増加倍率はサクサHDが首位 独自調査 監査報酬ランキング

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

監査報酬急増は不正会計かM&Aが主因。急増後に監査法人交代も。

特集「企業価値の新常識」の他の記事を読む

4大監査法人は上場企業から巨額の監査報酬を得ている。報酬額上位3社はメガバンクでいずれも大手が受任。三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下FG)は監査法人トーマツに57億円弱、三井住友FGはあずさ監査法人に41億円、みずほFGはEY新日本監査法人に39億円弱を2021年3月期分として払った(下表)。

上位10社のうち5社をトーマツが担当。次いで多いのはあずさで3社。PwCあらた監査法人は10社目にようやく登場するが、報酬20億円以上の監査先はない。

監査報酬上位に大企業が並ぶ中、目を引くのが20位のサクサホールディングス(以下HD)だ。ビジネスホンが主柱、総資産がわずか360億円なのにパナソニックキヤノンをしのぐ12億円強の監査報酬を払った。支払先はEY新日本である。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
企業価値の新常識
会計士 誌上覆面座談会
独自調査 4大監査法人の働き方改革
独自調査 監査報酬ランキング
あの大企業の粉飾も見抜けなかった
大手から流出する顧客企業は年々増加
インタビュー/日本公認会計士協会会長 手塚正彦
開示担当者 誌上覆面座談会
開示が頻繁だと経営が短期志向になるって本当?
10年後「稼ぐ力」の上手な示し方|事例6
10年後「稼ぐ力」の上手な示し方|事例5
10年後「稼ぐ力」の上手な示し方|事例4
10年後「稼ぐ力」の上手な示し方|事例3
10年後「稼ぐ力」の上手な示し方|事例2
10年後「稼ぐ力」の上手な示し方|事例1
気候変動対応の次はこれ!
プライム1841社に期限迫る
機関投資家に買ってもらえなくなる?
インタビュー/一橋大学CFO教育研究センター長 伊藤邦雄
非財務資本が生死を分ける
情報開示で企業価値向上を
企業価値の新常識
「非財務」で生きる会社、死ぬ会社
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内