有料会員限定

銀行 【メガバンク3行】株主提案の外圧が開示を促す 10年後「稼ぐ力」の上手な示し方|事例6

印刷
A
A
(giri / PIXTA)

特集「企業価値の新常識」の他の記事を読む

気候変動に関する企業の情報開示において、真っ先に対応を求められることになったのが銀行業界だ。いったいなぜか。

企業が事業を行うには資金が必要だ。そして、資金の出し手となるのは銀行。その銀行に“圧”をかけて環境への対応が遅れている企業に資金を貸し出しにくくする。そうなると資金を借りたい企業は環境対応を進めざるをえない。結果として全業種で脱炭素の取り組みが進むことが期待できるわけだ。

実際、三井住友フィナンシャルグループ(FG)の太田純社長は「(温室効果ガスを)どう計測するか、どう削減するかを投融資先と対話し、支援しなければ、われわれの目標も達成できない」と語る。

銀行に対する情報開示の圧力は強くなっている。2021年6月の株主総会では、三菱UFJフィナンシャル・グループに対し、環境団体から株主提案が出た。内容は「パリ協定に沿った計画を策定し、年次報告書にて開示する」ことを求めるものだった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
企業価値の新常識
会計士 誌上覆面座談会
独自調査 4大監査法人の働き方改革
独自調査 監査報酬ランキング
あの大企業の粉飾も見抜けなかった
大手から流出する顧客企業は年々増加
インタビュー/日本公認会計士協会会長 手塚正彦
開示担当者 誌上覆面座談会
開示が頻繁だと経営が短期志向になるって本当?
10年後「稼ぐ力」の上手な示し方|事例6
10年後「稼ぐ力」の上手な示し方|事例5
10年後「稼ぐ力」の上手な示し方|事例4
10年後「稼ぐ力」の上手な示し方|事例3
10年後「稼ぐ力」の上手な示し方|事例2
10年後「稼ぐ力」の上手な示し方|事例1
気候変動対応の次はこれ!
プライム1841社に期限迫る
機関投資家に買ってもらえなくなる?
インタビュー/一橋大学CFO教育研究センター長 伊藤邦雄
非財務資本が生死を分ける
情報開示で企業価値向上を
企業価値の新常識
「非財務」で生きる会社、死ぬ会社
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内