有料会員限定

超難関「シナリオ分析」を4ステップで徹底攻略 プライム1841社に期限迫る

印刷
A
A

気候変動を経営戦略に反映し、企業価値向上につなげたい。

(Ystudio / PIXTA)

特集「企業価値の新常識」の他の記事を読む

「正直、何から手をつければいいのか、まったくわからない」──。

今、多くの上場企業が頭を抱えるのが、「TCFD開示」への対応だ。4月以降に東証プライム市場に上場する1841社が6月末までに何らかの対応を迫られる。

TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)提言では、「ガバナンス」「戦略」「リスク管理」「指標と目標」の4項目を全産業共通の開示項目としている。項目名を見ればわかるとおり、TCFD開示は単なる“環境対応”開示ではない。

とくに「戦略」への対応が企業にとっては難しい。自社事業において、マテリアル(企業経営上で重要)な気候関連のリスク・機会を把握し、経営戦略に組み入れることを求められるからだ。中でも「シナリオ分析」が最大の難所といわれる。ここではそのシナリオ分析を4つのステップに分けて、解説していく。

最初に行うべきは、気候変動で自社のどの製品やサービスに影響があるのか特定することだ(ステップ1)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
企業価値の新常識
会計士 誌上覆面座談会
独自調査 4大監査法人の働き方改革
独自調査 監査報酬ランキング
あの大企業の粉飾も見抜けなかった
大手から流出する顧客企業は年々増加
インタビュー/日本公認会計士協会会長 手塚正彦
開示担当者 誌上覆面座談会
開示が頻繁だと経営が短期志向になるって本当?
10年後「稼ぐ力」の上手な示し方|事例6
10年後「稼ぐ力」の上手な示し方|事例5
10年後「稼ぐ力」の上手な示し方|事例4
10年後「稼ぐ力」の上手な示し方|事例3
10年後「稼ぐ力」の上手な示し方|事例2
10年後「稼ぐ力」の上手な示し方|事例1
気候変動対応の次はこれ!
プライム1841社に期限迫る
機関投資家に買ってもらえなくなる?
インタビュー/一橋大学CFO教育研究センター長 伊藤邦雄
非財務資本が生死を分ける
情報開示で企業価値向上を
企業価値の新常識
「非財務」で生きる会社、死ぬ会社
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内