有料会員限定

なくならない不正会計 企業監査「信頼失墜」の歴史 あの大企業の粉飾も見抜けなかった

印刷
A
A

監査事務所の新たな登録制度で、企業の粉飾決算は防げるのか。

「会計監査の発展の歴史は不正対応と規制強化の繰り返しだ」。会計監査の歴史に詳しい八田進二・青山学院大学名誉教授はそう語る。この言葉を裏付ける文書がある。

「公認会計士の一部には、被監査会社が多額の粉飾経理を行なつているにもかかわらず、監査の実施に当たつて相当の注意を怠つたため粉飾経理の事実を発見できなかつた事例、多額の粉飾経理を行なつている事実を知りながら適切な措置をとらなかつた事例等、監査人が公共的使命をおびた公認会計士としての職責を十分に果たさなかつた事例が相当数見受けられ、誠に遺憾に存じます。」(原文ママ)

東芝事件かオリンパス事件の後にでも出された文書かと思われるが、さにあらず。これは昭和41年(1966年)に、大蔵省(現財務省)が日本公認会計士協会に厳正な監査の実施を求めた通達である。昔も今も会計不正はなくならない。その都度、監査の厳格化の必要性が叫ばれ、時には法制度の改正も実施されてきた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
企業価値の新常識
会計士 誌上覆面座談会
独自調査 4大監査法人の働き方改革
独自調査 監査報酬ランキング
あの大企業の粉飾も見抜けなかった
大手から流出する顧客企業は年々増加
インタビュー/日本公認会計士協会会長 手塚正彦
開示担当者 誌上覆面座談会
開示が頻繁だと経営が短期志向になるって本当?
10年後「稼ぐ力」の上手な示し方|事例6
10年後「稼ぐ力」の上手な示し方|事例5
10年後「稼ぐ力」の上手な示し方|事例4
10年後「稼ぐ力」の上手な示し方|事例3
10年後「稼ぐ力」の上手な示し方|事例2
10年後「稼ぐ力」の上手な示し方|事例1
気候変動対応の次はこれ!
プライム1841社に期限迫る
機関投資家に買ってもらえなくなる?
インタビュー/一橋大学CFO教育研究センター長 伊藤邦雄
非財務資本が生死を分ける
情報開示で企業価値向上を
企業価値の新常識
「非財務」で生きる会社、死ぬ会社
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内