有料会員限定

「コンサル料が違いすぎる」「請求内訳の記載が不十分」 開示担当者 誌上覆面座談会

✎ 1〜 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 最新
印刷
A
A
(PIXTA)

特集「企業価値の新常識」の他の記事を読む

決算数値が中心の財務情報に加え、TCFDや人的資本など非財務情報の開示を迫られている企業側はどう受け止めているか。財務担当役員やIR担当者に本音を聞いた(編集注・個別取材を基に座談会形式で構成しました)。

──TCFD開示への対応は進んでいますか。

A 当社はプライム市場に移行する。当然、TCFD開示が必要になる。大手コンサルに対応支援を打診したら「3000万円くらいかかる」と言われた。あまり名前を知られていないコンサルに見積もりを取ったら「300万〜500万円」。差がありすぎて適正な価格がわからない。結局、コンサルが儲かるだけという気がする。

B ウチもプライムなのでTCFD開示をしないといけないが、インターネットのビジネスだから、「気候変動によるリスクと機会を分析しろ」と言われても正直ピンとこない。拠点も本社とデータセンター、コールセンターで、グリーン電力に切り替えるくらいしかやれることがない。

C それはうらやましい。当社は製造業だからカーボンニュートラルへの対応は大変だ。二酸化炭素(CO2)など温室効果ガス排出量のスコープ1、2は開示済みだが、スコープ3についてはこれから勉強していくことになる。製品の使用時まで目を向けてCO2排出を減らす必要性は理解するが、ある種の条件で算出した数字にどこまで意味があるのかと疑問に感じている。あと、何をどこまで開示するかがよくわからない。業界団体で他社の動向を見つつ、開示に消極的だと思われないようにしなければ、と正直焦っている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
企業価値の新常識
会計士 誌上覆面座談会
独自調査 4大監査法人の働き方改革
独自調査 監査報酬ランキング
あの大企業の粉飾も見抜けなかった
大手から流出する顧客企業は年々増加
インタビュー/日本公認会計士協会会長 手塚正彦
開示担当者 誌上覆面座談会
開示が頻繁だと経営が短期志向になるって本当?
10年後「稼ぐ力」の上手な示し方|事例6
10年後「稼ぐ力」の上手な示し方|事例5
10年後「稼ぐ力」の上手な示し方|事例4
10年後「稼ぐ力」の上手な示し方|事例3
10年後「稼ぐ力」の上手な示し方|事例2
10年後「稼ぐ力」の上手な示し方|事例1
気候変動対応の次はこれ!
プライム1841社に期限迫る
機関投資家に買ってもらえなくなる?
インタビュー/一橋大学CFO教育研究センター長 伊藤邦雄
非財務資本が生死を分ける
情報開示で企業価値向上を
企業価値の新常識
「非財務」で生きる会社、死ぬ会社
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内