有料会員限定

「節税保険」の最新事情 もはや中小企業経営者は打つ手なし!?

印刷
A
A

節税術をめぐる当局と保険業界のいたちごっこは終わったのだろうか。

イラスト:関 祐子

特集「狙われる富裕層」の他の記事を読む

「保険本来の趣旨を逸脱するような募集活動が今後は行われないよう、当庁としても対応を検討したい」

2021年11月、金融庁と生命保険各社の意見交換会で、金融庁幹部は「節税保険」についてこう切り出した。

節税保険とは、支払った保険料を経費として損金算入することで、課税所得を圧縮し法人税などの節税につなげる商品だ。

下表にあるように、生保各社はこれまで税制上の抜け穴を探し、企業経営者向けに節税保険を開発しては潰される、という攻防戦を繰り返してきた。

そうした中で、金融庁が募集活動への「取り締まり」を強めるという一歩踏み込んだ対応を明言したのは、一部の生保がいつまで経っても逸脱行為をやめようとしなかったからだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内