有料会員限定

過熱する富裕層争奪戦 メガバンクも参入!

印刷
A
A

富裕層争奪戦はさまざまなプレーヤーが入り乱れての大混戦だ。

イラスト:関 祐子

特集「狙われる富裕層」の他の記事を読む

2020年4月、三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)は富裕層を対象に新しい部隊を立ち上げた。その名もファミリーオフィス部隊。莫大な財を成した超富裕層一族が抱えるあらゆるニーズに応えるために設置したものだ。

そもそも三菱UFJは、2018年から傘下の銀行、信託銀行、証券会社が一体となった富裕層向けサービスを展開している。総資産3億円以上の富裕層を対象に、資産運用や資産管理、相続や事業承継といったサービスを提供してきた。いわゆるプライベートバンク(PB)だ。

具体的にはこんな感じだ。ある日、銀行で取引のある総資産3億円余りの上場企業のオーナーから、「後継者がおらず、事業承継について頭を悩ませている」と相談された。

担当者はすぐさま証券と信託の担当者をつなぎ、対策をプランニング。自社株対策は証券が、不動産対策は信託が担い対応を進めた。並行して納税資金の確保や、保有する資産の組み替えなどもアドバイス。無事、後継者に事業承継することができたという。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内