苦境ひらまつ、「マルハン」系と提携で復活なるか ホテル集中で業績低迷、レストラン軸に再建へ

印刷
A
A

高級レストラン・婚礼・ホテルなどを手がけるひらまつ。コロナ禍で揺らぐ財務基盤の安定化へ、パチンコホール最大手のマルハン創業家が設立したファンドなどから、資金を調達すると発表した。

巨額の資金調達を果たした、「ひらまつ」の遠藤久社長が、今後の事業戦略などを語った(撮影:梅谷秀司)

特集「ファイナンス最前線」の他の記事を読む

高級レストラン・婚礼・ホテルなどを手がける、東証1部上場の「ひらまつ」。コロナ禍で経営状況が悪化するなか、7月16日にマルハン創業家一族が設立したファンド「マルハン太平洋クラブインベストメント(MTI)」と、マルハン100%子会社の「太平洋クラブ」から、第三者割当増資と新株予約権で最大約74億円を調達すると発表した。(資金調達の経緯については前編参照)
調達資金の大半は、社債の繰り上げ償還や借入金の返済といった財務体質の健全化、そして運転資金に回される計画だ。一方で、新規出店や顧客管理システムの更新など、反転攻勢に向けた使途も含まれている。
今後、MTIや太平洋クラブはどこまで経営に関与し、ひらまつ自身はどのような「打つ手」を考えているのか。さらに、かつて営業利益率約25%を誇った、業界きっての優良企業の経営はなぜ傾いたのか。遠藤久社長へのインタビュー後編をお届けする。

マルハン系2社はあくまでサポート役

――2021年3月期は、コロナの影響などの逆風で純損失が約41億円となりました。とはいえ、純資産は3月末時点で31億円ほどあります。最大約74億円という調達額は大きすぎるのではないでしょうか。

約46億円が第三者割当増資で、残りがワラント(新株予約権)というスキーム。ワラントについては、コロナ影響のさらなる長期化により資金繰りがきつくなるという、最悪の事態を考えての「おさえの保険」という位置づけだ。

それでも(ワラント分を含めても保有株は)50%は超えない。もちろん、ここまで必要なのかという節もある。だが、万が一また経営環境が厳しくなったときに、新たな資金調達策を探すのは大変だし、(事業に)集中できないだろうと。(出資元のMTIと太平洋クラブは)そこまで考えてくれた。

――募集後にMTIが保有するひらまつ株は46.86%で、筆頭株主となります。経営への関与はどうなるのでしょうか。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ファイナンス最前線
レオパレス、投資ファンドが570億円を投じた「真意」
2021年3月期は「債務超過」、上場廃止の瀬戸際に
名門「オンキヨー」筋の悪い増資で迎えた末路
万策尽きて上場廃止の回避ならず
経営難の高級外食、マルハン一族から増資の胸中
ひらまつが10社超の候補からパチンコ系を選択
苦境ひらまつ、「マルハン」系と提携で復活なるか
ホテル集中で業績低迷、レストラン軸に再建へ
ジェネリック薬の日医工「少額増資」が呼ぶ波紋
尾を引く製造不正、飛び交う業界再編の観測
ルネサス、相次ぐ「巨額買収」で膨らむ財務リスク
足元で株価好調だが「のれん」が約1兆円へ拡大
ENEOSの優良子会社「上場廃止」に噴出する異論
少数株主は「利害がないがしろ」と批判
楽天、銀行上場の巨額調達で挑む携帯「背水の陣」
財務基盤悪化が顕著、格付け会社が示した懸念
東京機械vsアジア開発「仰天買収防衛策」への発端
突如筆頭株主に、投資目的は「支配権の取得」
東京機械が「異例の買収防衛策」にひた走った根拠
臨時株主総会での議決権無効化巡りバトル過熱
仰天「買収防衛策」で議決権を奪われた男の胸の内
アジア開発キャピタル社長が語る東京機械の異様
東京機械を大胆な買収防衛策へ駆り立てた「恐怖」
都並清史社長「必ずしも強烈な策とはいえない」
東京機械の買収防衛策が「妥当」といえる根本理由
気鋭の会社法学者に聞く「株主平等原則」の法解釈
武田薬品は「株価低迷」を見過ごせない
13年ぶりに自己株買いに踏み切った
ついに増産!「半導体の黒子」のしたたか投資戦略
過去の失敗を生かし事前交渉で値上げ実現
アパレルに泣きついた外食が「親」に三行半の真相
コロナ長期化で筆頭株主の外食大手と溝深まる
不祥事続いた電気興業、「信頼回復」に必要なもの
カギを握るのは、5月発表予定の「中期経営計画」
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内