有料会員限定

米中激突はありうるのか 論点1 地政学|大国化するインドが重要に

印刷
A
A

中国の経済力、軍事力の成長に伴い、世界との亀裂が深まっている。

2012年訪米時の習近平国家副主席とバイデン副大統領(当時)。今や両国のトップとして対立が深まる(Monica Almeida/The New York Times)

特集「2050年の中国」の他の記事を読む

1971年7月9日、ヘンリー・キッシンジャー米大統領特別補佐官(当時)が極秘訪中し、中国と世界の関係は改善に向かった。それからちょうど50年の今、中国と世界の関係は米中対立で危機に突入している。

米大統領のために世界の動向を予測する国家情報会議(ナショナル・インテリジェンス・カウンシル)は3月、2040年までを見通した『Global Trends 2040』を発表した。タイトルは「より争われた世界(A More Contested World)」。注目すべきは、今後の世界を占った5つのシナリオのうち3つを対中競争に充てたことだ。

1つ目は「民主主義の再生」という楽観シナリオ。中国の衰退とともに米国の主導権が続くという内容だ。2つ目は「漂流する世界」という悲観シナリオで、中国1強の勢いが増すというもの。3つ目は「競争的共存」という中間で、米中は争いながらも共存の道を歩むという中身だ。

なぜ米国はここまで中国への対抗意識を強めるのか。米ハーバード大学のグレアム・アリソン教授は、「経済力での対等のみならず、中国の躍進は『米国こそが世界のトップ』というアイデンティティーそのものを脅かす存在だからだ」と指摘する。同教授によると歴史上、新興国の成長とともに既存の覇権国との力関係が崩れた場合に戦争が起こりやすくなる。古代ギリシャの歴史家トゥキディデスが説いたアテネとスパルタのペロポネソス戦争を挙げ、同様の事例を「トゥキディデスのわな」と呼ぶ。「第1次世界大戦時の覇権国の英国と新興国のドイツも同様だ。今の米中は『トゥキディデスのわな』に陥っている」と話す。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
2050年の中国
通商の利を説いた石橋湛山の現代的意義
世界の賢人が見る中国の未来像/新浪剛史
論点7 ビジネス|巨大な内需をテコに「国潮」が勃興
頑張っても出世できない
世界の賢人が見る中国の未来像/中尾武彦
設立から5年
論点6 日中関係|負債と資産のバランスに配慮せよ
世界の賢人が見る中国の未来像/キショール・マブバニ
デジタル人民元の過大評価は禁物
世界の賢人が見る中国の未来像/マイケル・ペティス
論点5 経済・金融|ターゲットは超富裕層と年金ビジネス
インタビュー/ブラックロック アジア統括ヘッド スーザン・チャン
世界の賢人が見る中国の未来像/岩田一政
世界の賢人が見る中国の未来像/ジャック・アタリ
膨大な資源を狙って米中が火花
論点4 軍事・科学技術|ハイブリッド戦争で台湾侵攻
世界の賢人が見る中国の未来像/ダニエル・ヤーギン
論点3 資源|エネルギー、食料の爆食が続く
世界の賢人が見る中国の未来像/大前 研一
「3期目確定」シナリオの死角
「統一圧力」は逆効果
論点2 共産党|「国家空間インフラ」で世界を監視
世界の賢人が見る中国の未来像/ジョセフ・ナイ
論点1 地政学|大国化するインドが重要に
世界の賢人が見る中国の未来像/エマニュエル・トッド
2050年の中国
世界の覇者か、落日の老大国か
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内