有料会員限定

「中国の未来はあまりにも不確実、人口減の影響は世界に広がる」 世界の賢人が見る中国の未来像/エマニュエル・トッド

印刷
A
A

人類史に残る数々の出来事を予言してきたフランスの学者、エマニュエル・トッド氏。最近では米トランプ政権誕生や英国のEU(欧州連合)離脱などを的中させた。同氏から見た2050年の中国とは。

歴史家・文化人類学者・人口学者 エマニュエル・トッド(Emmanuel Todd)1951年フランス生まれ。ソルボンヌ大学で歴史学を学んだ後、英ケンブリッジ大学で博士号取得。各国の家族制度や識字率、出生率、死亡率などに基づき現代政治や社会を分析し、ソ連崩壊やアラブの春、トランプ米大統領誕生、英国のEU離脱などを予言。『経済幻想』『帝国以後』『シャルリとは誰か?』『グローバリズム以後』など著書多数。(Abaca/アフロ)

特集「2050年の中国」の他の記事を読む

[ Point ]

・中国の強い愛国心は世界にとってリスク

・中国のリベラル化、西洋化は期待薄

・人口減少で中国の強硬さは軟化も

──中国についてどのような予測をお持ちですか。

この点について、今の私にははっきりとした見解がないというのが正直なところだ。中国は不確実な国であり、熟考が必要な国だ。もし確実な点が1つあるとすれば、中国が世界を支配するのはありえないということだろう。しかし、その他の点、例えば中国が勢力として達成できるレベルや内部の危機の可能性については不透明な部分が多い。

中国は非常に特殊な研究対象である。最大の理由はその規模の大きさにあるといえる。グローバル化という文脈で見た時、中国の生産年齢人口が増加するということは、世界規模で安価な労働力が豊富であることを意味していた。だからその傾向が逆転すると、負の影響もまた世界規模に広がるのは間違いないだろう。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
2050年の中国
通商の利を説いた石橋湛山の現代的意義
世界の賢人が見る中国の未来像/新浪剛史
論点7 ビジネス|巨大な内需をテコに「国潮」が勃興
頑張っても出世できない
世界の賢人が見る中国の未来像/中尾武彦
設立から5年
論点6 日中関係|負債と資産のバランスに配慮せよ
世界の賢人が見る中国の未来像/キショール・マブバニ
デジタル人民元の過大評価は禁物
世界の賢人が見る中国の未来像/マイケル・ペティス
論点5 経済・金融|ターゲットは超富裕層と年金ビジネス
インタビュー/ブラックロック アジア統括ヘッド スーザン・チャン
世界の賢人が見る中国の未来像/岩田一政
世界の賢人が見る中国の未来像/ジャック・アタリ
膨大な資源を狙って米中が火花
論点4 軍事・科学技術|ハイブリッド戦争で台湾侵攻
世界の賢人が見る中国の未来像/ダニエル・ヤーギン
論点3 資源|エネルギー、食料の爆食が続く
世界の賢人が見る中国の未来像/大前 研一
「3期目確定」シナリオの死角
「統一圧力」は逆効果
論点2 共産党|「国家空間インフラ」で世界を監視
世界の賢人が見る中国の未来像/ジョセフ・ナイ
論点1 地政学|大国化するインドが重要に
世界の賢人が見る中国の未来像/エマニュエル・トッド
2050年の中国
世界の覇者か、落日の老大国か
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内