有料会員限定

中国が宇宙を制覇する日 膨大な資源を狙って米中が火花

印刷
A
A

あらゆる先端技術を宇宙開発に投じる中国。その野望は壮大だ。

一国の科学技術力を測る尺度として最も有効な指標が宇宙開発力である。宇宙を制するために主要国がどれほどの資金、人材、時間、先端技術を投じてきたかを振り返れば明らかである。

米ソの宇宙競争(スペースレース)は1957年の「スプートニクショック」で幕を開けた。緒戦でことごとく後塵を拝した米国は61年、ケネディ大統領が「アポロ計画」を発表、69年7月20日、3人の宇宙飛行士を乗せた「アポロ11号」が月面に到達してリベンジを果たした。

だが今日、米国の宇宙覇権にチャレンジするのはロシアではなく中国だ。中国が初の人工衛星「東方紅1号」を打ち上げたのは文化大革命中の70年4月24日のことだった。それから五十余年、「宇宙強国」を目指す中国は、米国を脅かす存在にまで強大化した。今この瞬間も火星では米国の探査機「パーシビアランス」(今年2月着陸)と中国の「祝融」(同5月着陸)が火花を散らす。

火星までの距離は最接近時で約7500万キロメートル、月─地球間の約200倍という長旅に加え、「軌道への投入」「周回」「探査車の軟着陸」と技術的ハードルが高く、「地球と火星の間には探査機の墓場がある」とまでいわれた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
2050年の中国
通商の利を説いた石橋湛山の現代的意義
世界の賢人が見る中国の未来像/新浪剛史
論点7 ビジネス|巨大な内需をテコに「国潮」が勃興
頑張っても出世できない
世界の賢人が見る中国の未来像/中尾武彦
設立から5年
論点6 日中関係|負債と資産のバランスに配慮せよ
世界の賢人が見る中国の未来像/キショール・マブバニ
デジタル人民元の過大評価は禁物
世界の賢人が見る中国の未来像/マイケル・ペティス
論点5 経済・金融|ターゲットは超富裕層と年金ビジネス
インタビュー/ブラックロック アジア統括ヘッド スーザン・チャン
世界の賢人が見る中国の未来像/岩田一政
世界の賢人が見る中国の未来像/ジャック・アタリ
膨大な資源を狙って米中が火花
論点4 軍事・科学技術|ハイブリッド戦争で台湾侵攻
世界の賢人が見る中国の未来像/ダニエル・ヤーギン
論点3 資源|エネルギー、食料の爆食が続く
世界の賢人が見る中国の未来像/大前 研一
「3期目確定」シナリオの死角
「統一圧力」は逆効果
論点2 共産党|「国家空間インフラ」で世界を監視
世界の賢人が見る中国の未来像/ジョセフ・ナイ
論点1 地政学|大国化するインドが重要に
世界の賢人が見る中国の未来像/エマニュエル・トッド
2050年の中国
世界の覇者か、落日の老大国か
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内