有料会員限定

近未来の基軸通貨化はない デジタル人民元の過大評価は禁物

✎ 1〜 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 最新
拡大
縮小

デジタル化で先行する人民元。中国は何を狙っているのか。

2050年の中国ではデジタル人民元が現金のほとんどを代替している可能性も(Featurechina/アフロ)

特集「2050年の中国」の他の記事を読む

デジタル人民元への注目が高まっている。世界中で流通するようになれば、ドルの基軸通貨としての地位を奪うのではないか、との懸念も一部に広がっている。2050年の世界でそんな事態が現実になっているだろうか。結論から言えば、それは考えにくい。

中国の中央銀行である中国人民銀行は、アリペイやウィーチャットペイなどのキャッシュレス決済の急速な普及を受け、14年からデジタル通貨の研究を開始した。昨年から、深圳市や蘇州市などで市民参加型のデジタル人民元の配布実験を行うなど、実験の規模と範囲を着実に広げており、22年の冬季北京オリンピックで実験することも明らかにしている。

昨年10月、デジタル人民元を法定通貨とすることを盛り込んだ中国人民銀行法改正案も発表した。中国人民銀行は、現時点で正式発行の時期は決まっておらず、依然実験を重ねる必要があるとするが、早晩、発行に踏み切るとみられる。

ただし、中国人民銀行はデジタル人民元が銀行預金を代替しないよう、保有上限や1件当たりの決済額上限を導入する予定だとしている。中国では、銀行預金を含めた通貨供給量M2に占める現金の比率は、4%弱にしかすぎず、デジタル人民元が代替するのはその部分にすぎない。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
2050年の中国
通商の利を説いた石橋湛山の現代的意義
世界の賢人が見る中国の未来像/新浪剛史
論点7 ビジネス|巨大な内需をテコに「国潮」が勃興
頑張っても出世できない
世界の賢人が見る中国の未来像/中尾武彦
設立から5年
論点6 日中関係|負債と資産のバランスに配慮せよ
世界の賢人が見る中国の未来像/キショール・マブバニ
デジタル人民元の過大評価は禁物
世界の賢人が見る中国の未来像/マイケル・ペティス
論点5 経済・金融|ターゲットは超富裕層と年金ビジネス
インタビュー/ブラックロック アジア統括ヘッド スーザン・チャン
世界の賢人が見る中国の未来像/岩田一政
世界の賢人が見る中国の未来像/ジャック・アタリ
膨大な資源を狙って米中が火花
論点4 軍事・科学技術|ハイブリッド戦争で台湾侵攻
世界の賢人が見る中国の未来像/ダニエル・ヤーギン
論点3 資源|エネルギー、食料の爆食が続く
世界の賢人が見る中国の未来像/大前 研一
「3期目確定」シナリオの死角
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内