有料会員限定

「米国には対中長期戦略がない、中国の狙いは軍事より経済」 世界の賢人が見る中国の未来像/キショール・マブバニ

印刷
A
A

世界のさまざまな問題について、アジアの視点から積極的に発言するシンガポール国立大学のキショール・マブバニ名誉フェロー。国連での活動も経験するなど、大国に翻弄される国際情勢の裏側を知り尽くした人物だ。

シンガポール国立大学名誉フェロー キショール・マブバニ(Kishore Mahbubani)1948年シンガポール生まれ。シンガポール外務省で国連大使や国連安全保障理事会議長、事務次官などを歴任。2017年までシンガポール国立大学リー・クアンユー公共政策大学院長。アジアを代表する知識人として欧米で知られる。主な著書に『大収斂』『「アジア半球」が世界を動かす』など。

特集「2050年の中国」の他の記事を読む

[ Point ]

・米国は中国の力を過小評価している

・21世紀の戦場は経済。中国が有利に

・中国が2位の間に多国間ルール形成を

──トランプ政権に続きバイデン政権でも米中対立が増しています。

米中間の対立は惨事としか言いようがない。両国間の対立は今後さらに増す可能性がある。だが、完全に不必要と言いたい。いま私たちはアジアの繁栄を持続させなければならないし、新型コロナ禍に打ち勝たなければならない。また気候変動といった大きな問題もある。こういった課題の克服は、米中間の地政学的な争いよりも重要だ。米中は互いに歩み寄り協力するほうが賢明だと認識するべきだ。

ある国の力が強大になろうとすれば、1番の強国はその国を押し倒そうとする。(冷戦時に)米国はソ連に、1980年代の日本にも打ち勝った。同じように今は中国を押し倒そうとしている。しかし、中国はソ連や日本とは違う。4000年の歴史を持ち、人口は米国の4倍で、強い統率力に恵まれた国だ。これまでのライバルより、中国はさまざまな点で優勢だといえる。つまり、米国は中国の挑戦を過小評価している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
2050年の中国
通商の利を説いた石橋湛山の現代的意義
世界の賢人が見る中国の未来像/新浪剛史
論点7 ビジネス|巨大な内需をテコに「国潮」が勃興
頑張っても出世できない
世界の賢人が見る中国の未来像/中尾武彦
設立から5年
論点6 日中関係|負債と資産のバランスに配慮せよ
世界の賢人が見る中国の未来像/キショール・マブバニ
デジタル人民元の過大評価は禁物
世界の賢人が見る中国の未来像/マイケル・ペティス
論点5 経済・金融|ターゲットは超富裕層と年金ビジネス
インタビュー/ブラックロック アジア統括ヘッド スーザン・チャン
世界の賢人が見る中国の未来像/岩田一政
世界の賢人が見る中国の未来像/ジャック・アタリ
膨大な資源を狙って米中が火花
論点4 軍事・科学技術|ハイブリッド戦争で台湾侵攻
世界の賢人が見る中国の未来像/ダニエル・ヤーギン
論点3 資源|エネルギー、食料の爆食が続く
世界の賢人が見る中国の未来像/大前 研一
「3期目確定」シナリオの死角
「統一圧力」は逆効果
論点2 共産党|「国家空間インフラ」で世界を監視
世界の賢人が見る中国の未来像/ジョセフ・ナイ
論点1 地政学|大国化するインドが重要に
世界の賢人が見る中国の未来像/エマニュエル・トッド
2050年の中国
世界の覇者か、落日の老大国か
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内