有料会員限定

習近平の地球丸ごと大革命 論点2 共産党|「国家空間インフラ」で世界を監視

✎ 1〜 ✎ 21 ✎ 22 ✎ 23 ✎ 最新
拡大
縮小

2035年前後まで政権を握ろうとする習近平。その遠大な構想とは。

7月1日、天安門広場を見下ろす楼上で1時間超の重要演説を行った習近平(新華社/アフロ)

特集「2050年の中国」の他の記事を読む

2050年の中国はどうなっているか。それを読み解くため、まず習近平・中国共産党総書記の歴史的使命感に注目し、それから彼の退出後の中国を考えてみたい。

今年7月、中国共産党は設立100周年を迎えた。1日の天安門広場での記念式典に続き、6日にはオンラインで「中国共産党と世界の政党指導者のサミット」を開催。ここで習近平はこう宣言した。「中国共産党は、今後も各国の政党や政治団体とともに、歴史の正しい側、人類の進歩の側に立ち、人類運命共同体の構築を促進してよりよい世界を築くため、新たな、より大きな貢献を果たしてまいります!」(強調筆者)。

習近平はこれまで国内で類似の発言をしていたが、ついに世界に明確な発信を始めた。スピーチの前段では、「中国は国際秩序の擁護者だ」「人類を正しい方向に牽引していくのが政党の責務だ」などとも強調していた。彼は自分では正義の味方のつもりだ。

では習近平の歴史観はいかなるものか。筆者は最近、総書記就任後の彼のスピーチを読み直し、その一貫したロジックに改めて気づかされた。彼の歴史観は、「マルクスの唯物史観」に対する中国共産党的な理解に、独自見解をプラスしたものだ。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
2050年の中国
通商の利を説いた石橋湛山の現代的意義
世界の賢人が見る中国の未来像/新浪剛史
論点7 ビジネス|巨大な内需をテコに「国潮」が勃興
頑張っても出世できない
世界の賢人が見る中国の未来像/中尾武彦
設立から5年
論点6 日中関係|負債と資産のバランスに配慮せよ
世界の賢人が見る中国の未来像/キショール・マブバニ
デジタル人民元の過大評価は禁物
世界の賢人が見る中国の未来像/マイケル・ペティス
論点5 経済・金融|ターゲットは超富裕層と年金ビジネス
インタビュー/ブラックロック アジア統括ヘッド スーザン・チャン
世界の賢人が見る中国の未来像/岩田一政
世界の賢人が見る中国の未来像/ジャック・アタリ
膨大な資源を狙って米中が火花
論点4 軍事・科学技術|ハイブリッド戦争で台湾侵攻
世界の賢人が見る中国の未来像/ダニエル・ヤーギン
論点3 資源|エネルギー、食料の爆食が続く
世界の賢人が見る中国の未来像/大前 研一
「3期目確定」シナリオの死角
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内