有料会員限定

睡眠研究の最先端を教えよう|スタンフォード式快眠術 インタビュー/スタンフォード大学 教授 西野精治

印刷
A
A

睡眠研究の権威・西野教授が語る、入眠後90分が最も大事な理由。

イラスト:岡村優太

特集「脱・ストレス」の他の記事を読む

睡眠の時間や質は心身のコンディションに直結する。睡眠研究の総本山といわれるスタンフォード大学医学部の教授で同大学睡眠生体リズム研究所所長も務める西野精治氏にコロナ禍が睡眠にもたらす影響やパフォーマンスアップにつながる眠り方を聞いた。

スタンフォード大学医学部精神科 教授、睡眠生体リズム研究所 所長 西野精治(にしの・せいじ) 1955年生まれ。87年大阪医科大学大学院から米スタンフォード大学医学部精神科睡眠研究所に留学。ナルコレプシーの原因究明に関わる。2005年同大学睡眠生体リズム研究所所長。(撮影:尾形文繁)『スタンフォード式最高の睡眠』西野精治 著/サンマーク出版1500円+税(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。)

──コロナ禍では働き方が変わりました。睡眠への影響は?

私が代表取締役を務めるブレインスリープが昨年4月、緊急事態宣言が早期に出された7都府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)の有職者1000人を対象に調査したところ、全体の32.8%の人が、睡眠時間に変化があったと回答した。リモートワークや時差出勤などとくに「働き方に変化があった」人の21.8%は就寝時間が遅くなり、夜型に移行する傾向が見られた。通勤が減ったことが関係しているのだろう。

また、全体の11.1%が睡眠の質が悪化していると回答した。とりわけ、働き方に変化のあった人は、そうでない人に比べて睡眠の質が下がったと感じている割合が多い。リモートワークになった人は、環境変化により生活が夜型になったことが響いたと推測できる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
脱・ストレス
管理栄養士おすすめのメニュー
脳と腸は密接な関係
「食事」を見直す
自宅でも本格的なトレーニングができる
1日たった4分で済む最強運動法
「運動」を見直す
フィジカルトレーナー直伝のストレッチ・筋トレ(3)
フィジカルトレーナー直伝のストレッチ・筋トレ(2)
快適な眠りが手に入る
スタンフォード式快眠術|仮眠編
スタンフォード式快眠術|覚醒編
スタンフォード式快眠術|入眠編
インタビュー/スタンフォード大学 教授 西野精治
「脳」のエキスパートが伝授|時間創出術
「脳」のエキスパートが伝授|夜の時間術
「脳」のエキスパートが伝授|昼の時間術
「脳」のエキスパートが伝授|朝の時間術
ベストセラー作家・精神科医 樺沢紫苑が伝授
一流アスリートが実践する
本やテレビで話題
専門医が教える
「脳」を整える
脱・ストレス
不安加速社会への4つの処方箋
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内