有料会員限定

20分間の昼寝で午後も冴える スタンフォード式快眠術|仮眠編

印刷
A
A

昼に短時間の仮眠を取ることも効果的だ。午後もパフォーマンスを維持できる仮眠とは。

(撮影:尾形文繁)

特集「脱・ストレス」の他の記事を読む

オフィス内に専用のスペースを設けるなど、仮眠を推奨する企業が増えている。睡眠時間が短くなる中、眠いまま働いてもミスが増えるだけ。健康な人でも14時ごろにうとうとする「アフタヌーンディップ」に襲われる。

睡眠のエキスパート、米スタンフォード大学医学部の西野精治教授は「解消するには仮眠が効果的だ。経営陣や管理職は理解を示してほしい」と言う。

仮眠スペースがないなら首元を温めて机にうつぶせでも構わない。「30分以上仮眠すると、その後の集中力が低下し、重要な会議などでぼーっとしてしまう場合も」(西野教授)。夜眠れなくなるおそれもあり、20分程度が望ましい。

自宅でリモートワークしている場合、寝室で横になると深い眠りにつくおそれがあり、ソファなどに横たわるのがよい。理想的なのは飛行機のビジネスクラスや新幹線のグリーン車のような背もたれが倒れて、フラットに近い状態だ。

新幹線グリーン車のようなフラットに近い状態になるシートで1ランク上の仮眠環境が整う(PIXTA)

西野教授は「30分未満の昼寝をする人は、昼寝をしない人に比べて認知症発症率が約7分の1というデータもある。一方で、1時間以上だと発症率は2倍も高かった」と健康面への影響も指摘する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
脱・ストレス
管理栄養士おすすめのメニュー
脳と腸は密接な関係
「食事」を見直す
自宅でも本格的なトレーニングができる
1日たった4分で済む最強運動法
「運動」を見直す
フィジカルトレーナー直伝のストレッチ・筋トレ(3)
フィジカルトレーナー直伝のストレッチ・筋トレ(2)
快適な眠りが手に入る
スタンフォード式快眠術|仮眠編
スタンフォード式快眠術|覚醒編
スタンフォード式快眠術|入眠編
インタビュー/スタンフォード大学 教授 西野精治
「脳」のエキスパートが伝授|時間創出術
「脳」のエキスパートが伝授|夜の時間術
「脳」のエキスパートが伝授|昼の時間術
「脳」のエキスパートが伝授|朝の時間術
ベストセラー作家・精神科医 樺沢紫苑が伝授
一流アスリートが実践する
本やテレビで話題
専門医が教える
「脳」を整える
脱・ストレス
不安加速社会への4つの処方箋
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内