富裕層㊙︎マネー学 お金の達人の資産運用術

印刷
A
A

「お金の達人」である富裕層の資産運用は厚いベールに包まれている。その実態を徹底解説、ハイレベルな資産運用のノウハウをご紹介する。

本誌:田島靖久、梅垣勇人、藤原宏成、野中大樹

週刊東洋経済 2021年1/9号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

特集「富裕層㊙︎マネー学」の他の記事を読む

新型コロナウイルスの感染者数の増加が一時的な落ち着きを見せ始めた昨夏、都内の企業で副社長を務める40代の男性は悩んでいた。

「今のままの長期安定運用でいいのだろうか」

この男性は、今から10年ほど前に脱サラして仲間と会社を設立。それから6年後に株式上場を果たした。

外資系企業のサラリーマン時代の年収は2000万円程度。貯蓄を含めた資産は1億円ほどだった。サラリーマンにしては多いほうだが、上場を機に資産規模はさらに大きくなる。その後、自社株の一部を売却、現在の資産規模は50億円程度という富裕層だ。

サラリーマン時代、財務畑が長かったこともあって、もともとは安定志向。「米国債を中心にした運用で、年2~3%程度の利回りがあれば十分生活できる」(男性)として、債券を中心に、株式と不動産も少々といった長期安定運用に徹していた。

ところがだ。2020年夏あたりから、運用に対する意識が変わり始める。きっかけは新型コロナ。「このままでいいのだろうか」と考え始めたというのだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
富裕層㊙︎マネー学
富裕層の儲け方3|外資エリートタイプ
一獲千金狙いで大人気
富裕層の儲け方4|IPO長者タイプ
匿名座談会
得手・不得手を知り使い分けよう
富裕層向け事業は最後の成長分野
Part2 富裕層が使うカネ|月の教育費100万円もザラ
意外とハードルは低い!?
富裕層㊙︎マネー学
お金の達人の資産運用術
政府の支援策で資産価値上昇
Part1 富裕層の儲け方|期待リターンで富裕層を4つに分類
富裕層の儲け方1|地主タイプ
メガバンクの100倍以上の銀行も
富裕層の儲け方2|中小企業社長タイプ
できるだけ多く残したい!
アンチエイジングから絵画まで
Part3 狙われる富裕層|あの敏腕経営者もコロッとだまされた
大企業のトップがだまされ続ける
マッチングサイトを利用した詐欺も横行
求めるのは情報交換の場
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内