有料会員限定

富裕層の知られざる実態 匿名座談会

印刷
A
A

コロナ禍で資産の運用方法はどう変わったか。富裕層の実像を座談会で明らかにする。

特集「富裕層㊙︎マネー学」の他の記事を読む

膨大な資産をどう運用しているのか、普段はどのような生活を送っているのか。日頃、富裕層の資産運用や税務についての相談を受けている3人に、「富裕層の知られざる実態」を聞いた。

──富裕層の資産運用はコロナ禍でどう変わりましたか?

A 新型コロナウイルスの脅威がはっきりし始めたとき、「資産価格はいずれ上がる」と理解して投資を増やした人が多かった。各国中央銀行の資金の流れを見ていて、昨年3月ぐらいの価格が下がったときにしっかり買っていた。日本株より欧米株に投資した人が多い。

C 数億円から数百億円の資産を持つ富裕層の税務相談を受けているが、10億円超の資産がある人たちは守りが中心。コロナ禍になってもあまり変化はなかった。「外部の運用アドバイザーから『絶好の買い場だから買ったほうがいい』と助言された」という人は多かったが、そこで動いた人はあまりいなかった。

B 仮想通貨で運用している人たちは、コロナ禍になって、かなり盛り上がった。金融緩和で一段と行き場のなくなったお金の運用先として、機関投資家も仮想通貨関連に資金を投じるようになった。直接買うことはなくても投資信託のようなビークルを通じて仮想通貨を買ってくる。米JPモルガン・チェースなど大手金融機関のアナリストがリポートを出すようになったことも一因だ。仮想通貨に流れ込む資金が増し、ビットコインなど史上最高値を更新するものが増え、活況だった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
富裕層㊙︎マネー学
富裕層の儲け方3|外資エリートタイプ
一獲千金狙いで大人気
富裕層の儲け方4|IPO長者タイプ
匿名座談会
得手・不得手を知り使い分けよう
富裕層向け事業は最後の成長分野
Part2 富裕層が使うカネ|月の教育費100万円もザラ
意外とハードルは低い!?
富裕層㊙︎マネー学
お金の達人の資産運用術
政府の支援策で資産価値上昇
Part1 富裕層の儲け方|期待リターンで富裕層を4つに分類
富裕層の儲け方1|地主タイプ
メガバンクの100倍以上の銀行も
富裕層の儲け方2|中小企業社長タイプ
できるだけ多く残したい!
アンチエイジングから絵画まで
Part3 狙われる富裕層|あの敏腕経営者もコロッとだまされた
大企業のトップがだまされ続ける
マッチングサイトを利用した詐欺も横行
求めるのは情報交換の場
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内