有料会員限定

「定年制は今こそ廃止を、シニアこそ起業すべきだ」 インタビュー/立命館アジア太平洋大学(APU)学長 出口治明

✎ 1〜 ✎ 19 ✎ 20 ✎ 21 ✎ 最新
拡大
縮小
でぐち・はるあき 1948年生まれ。京都大学卒業。日本生命入社。2008年ライフネット生命開業。18年から現職。近著に『還暦からの底力』『哲学と宗教全史』『全世界史(上下)』など。(撮影:梅谷秀司)

特集「定年消滅」の他の記事を読む

著書『還暦からの底力』で60歳以降のパワフルな生き方を説いて反響を起こしたのが、出口治明・立命館APU学長だ。60歳でライフネット生命を開業したほか、膨大な量の読書を通じ、古今東西の人生を見渡してきた経験を踏まえ、政府が主導する定年延長には問題があると訴える。

──来春から企業には、従業員が70歳になるまで雇用機会を確保する努力義務が課されます。

これは決して悪いことではないが、政府が年金の支給開始年齢と企業を退職する年齢とをシームレスに合わせたいという、ご都合主義で考えているのが本質ではないか。そもそも僕は定年制自体を廃止すべきだと考えている。定年制を含む日本の労働慣行が成り立ってきた前提条件が、今や崩れてきているからだ。

高度成長時代には売り上げ増加に見合う人材確保が必要で、慢性的に人材が不足していた。そこで企業は新卒一括採用で囲い込んだ社員を、同業他社同士で引き抜かないとの暗黙のルールを作った。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
定年消滅
インタビュー/作家 五木寛之
“引退宣言"した人気ライターが提言
「お金」と「時間」の課題を解消するプログラムも
サイト制作からWebアプリ開発まで
50歳からでも間に合う
コロナ禍で需要動向に変化の兆し
ガス設備点検、中小企業の経理業務…
PART3 会社には頼らない[起業・転職編]
美術家 横尾忠則が答える
インタビュー/伊藤忠商事名誉理事・元駐中国大使 丹羽宇一郎
お金のプロが分析します!
インタビュー/CEAFOM代表 郡山史郎
即戦力が欲しい!
異色企業|ラックランド
異色企業|ファンケル
金融|明治安田生命保険
金融|大和証券グループ本社
Part2 いつまでもこの会社で|流通 サミット
流通|カインズ
インタビュー/立命館アジア太平洋大学(APU)学長 出口治明
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内