有料会員限定

「定年なんて要らない、仕事と努力は永遠に続く」 インタビュー/伊藤忠商事名誉理事・元駐中国大使 丹羽宇一郎

印刷
A
A
にわ・ういちろう 1939年生まれ。名古屋大学法学部卒業後、伊藤忠商事入社。98年、社長就任。2004年会長就任。10年、民間出身で初の駐中国大使に就任。『死ぬまで、努力』『丹羽宇一郎 戦争の大問題』など著書多数。(撮影:今井康一)

特集「定年消滅」の他の記事を読む

伊藤忠商事の経営トップや駐中国大使として活躍したのが丹羽宇一郎氏である。『死ぬまで、努力』『仕事と心の流儀』など、ビジネスパーソン向けの著書はいつもベストセラーとなる。その丹羽氏に「定年消滅」について聞いてみた。

──来年から「70歳定年法」が始まります。定年の概念は変わりますか。いつか定年というものがなくなるのでしょうか。

そうかもしれない。僕は、とにかく、このままでは日本の社会は成り立たなくなっていくと思っている。今の人たちは世の中の仕組みをあんまり信用していないんだよ。だから新しいものに変わるしかない。

──どういうことですか?

例えば、日本では代表制民主主義を信頼しているのは、20歳代では20%。30歳代では14%にすぎない、という調査結果が出ている(言論NPO、2019年7月)。では、米国はどうか。1980年代以降に生まれた人たちへの調査で、90年代の人が多いけど、今の民主主義の下で生きるというのが非常に重要だと思っている人は、全体の3分の1だけだ。3分の2は重要だと思っていないようだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
定年消滅
インタビュー/作家 五木寛之
“引退宣言"した人気ライターが提言
「お金」と「時間」の課題を解消するプログラムも
サイト制作からWebアプリ開発まで
50歳からでも間に合う
コロナ禍で需要動向に変化の兆し
ガス設備点検、中小企業の経理業務…
PART3 会社には頼らない[起業・転職編]
美術家 横尾忠則が答える
インタビュー/伊藤忠商事名誉理事・元駐中国大使 丹羽宇一郎
お金のプロが分析します!
インタビュー/CEAFOM代表 郡山史郎
即戦力が欲しい!
異色企業|ラックランド
異色企業|ファンケル
金融|明治安田生命保険
金融|大和証券グループ本社
Part2 いつまでもこの会社で|流通 サミット
流通|カインズ
インタビュー/立命館アジア太平洋大学(APU)学長 出口治明
マクロ経済状況から徹底解説
インタビュー/ノジマ社長 野島廣司
緊急リポート 家電量販店ノジマが衝撃の決断
今から進めるべき!
健康なシニアは働く時代へ、70歳定年法の留意点
Part1 定年がなくなる日
定年消滅
70歳現役社会がやってくる
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内