有料会員限定

何歳まで働いてもいい、働き続けることが幸せに インタビュー/ノジマ社長 野島廣司

✎ 1〜 ✎ 21 ✎ 22 ✎ 23 ✎ 最新
拡大
縮小
のじま・ひろし 1951年生まれ。中央大学商学部卒業後、有限会社野島電気商会(現ノジマ)入社。78年取締役、94年代表取締役社長就任。現在は取締役兼代表執行役社長、アイ・ティー・エックス代表取締役社長。(撮影:今井康一)

特集「定年消滅」の他の記事を読む

「80歳まで雇用する」という宣言を出したノジマの野島廣司社長に、判断の理由と経営戦略の神髄を聞いた。

──80歳まで働ける会社なんて、あまり聞いたことがありません。決断の背景には何が?

今年、社内報にシニア座談会が載ったんです。これが面白いと社内で話題になったんですね(→前出記事参照)。65歳を過ぎても店舗に出て働いている方々が、あんなに生き生きとしているなんて……。

私自身は以前から「本人が望みさえすれば何歳までだって働いていいんだ」と言ってきました。ヨレヨレになるほど足腰が弱ってしまったら難しいけど、体力と気力があって本人が働き続けることを望んでいるのであれば、何歳までだって働いてもらいたいと、今でもそう思っています。

でも社内ではどこかに区切りは設けたほうがいいという話になり、平均寿命などに鑑みて、今回は80歳としました。

タイトすぎるのはつらい

──野島社長自ら69歳になった今も最前線で働いています。働き続けることが元気の源なのでしょうか?

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
定年消滅
インタビュー/作家 五木寛之
“引退宣言"した人気ライターが提言
「お金」と「時間」の課題を解消するプログラムも
サイト制作からWebアプリ開発まで
50歳からでも間に合う
コロナ禍で需要動向に変化の兆し
ガス設備点検、中小企業の経理業務…
PART3 会社には頼らない[起業・転職編]
美術家 横尾忠則が答える
インタビュー/伊藤忠商事名誉理事・元駐中国大使 丹羽宇一郎
お金のプロが分析します!
インタビュー/CEAFOM代表 郡山史郎
即戦力が欲しい!
異色企業|ラックランド
異色企業|ファンケル
金融|明治安田生命保険
金融|大和証券グループ本社
Part2 いつまでもこの会社で|流通 サミット
流通|カインズ
インタビュー/立命館アジア太平洋大学(APU)学長 出口治明
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内