有料会員限定

会社員時代の経験と人脈を生かす、リスク抑えるシニア起業 PART3 会社には頼らない[起業・転職編]

✎ 1〜 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 最新
拡大
縮小

定年を機に起業するシニアたちは、それぞれどんな道を歩んでいるのか。

週刊東洋経済 2020年10/17号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

特集「定年消滅」の他の記事を読む

ドローン導入支援

長く働き続けるうえでは、会社から離れて起業することも選択肢となる。しかし起業には元手が必要で、失敗して老後資金を失うリスクもある。そこで重要なのが「ビジネス選び」。土地勘のないビジネスに挑むのはリスクが高い。そう判断し、過去の経験に新たなノウハウを組み合わせたのが、金子信洋さん(60)だ。

ドローンの操縦者と安全運航管理者を育成するスクールは初年度から25人が修了

30年以上勤めたIT企業を早期退職し、2018年に企業向けのドローン導入支援を手がけるドローン・アイティーを設立(法人化は19年)。ゴルフ場の芝の状況を確認し、農薬を散布したり、工務店向けに建物の壁面の点検をしたりと、遠赤外線カメラやAI(人工知能)を用いた画像解析ソフトなどを組み合わせた活用法を提案する。

前職では主に企業の基幹システム構築を手がけた。退職前に新規事業の開発に関わった際、ドローンの可能性に着目。「ITを組み合わせたソリューション提供なら、経験を生かせる」と考えた。

ドローンの操縦技術や基礎知識は、JUIDA(日本UAS産業振興協議会)が運営するスクールに通って習得。事業を立ち上げると同時に、企業のドローン管理者を育てるJUIDA認定スクールも開校した。スクール運営については、前職の先輩に相談して協力を得ている。「当初は1人で運営する予定だったが、限界がある。得意な人の力を借りたほうがいい」(金子さん)と語る。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
定年消滅
インタビュー/作家 五木寛之
“引退宣言"した人気ライターが提言
「お金」と「時間」の課題を解消するプログラムも
サイト制作からWebアプリ開発まで
50歳からでも間に合う
コロナ禍で需要動向に変化の兆し
ガス設備点検、中小企業の経理業務…
PART3 会社には頼らない[起業・転職編]
美術家 横尾忠則が答える
インタビュー/伊藤忠商事名誉理事・元駐中国大使 丹羽宇一郎
お金のプロが分析します!
インタビュー/CEAFOM代表 郡山史郎
即戦力が欲しい!
異色企業|ラックランド
異色企業|ファンケル
金融|明治安田生命保険
金融|大和証券グループ本社
Part2 いつまでもこの会社で|流通 サミット
流通|カインズ
インタビュー/立命館アジア太平洋大学(APU)学長 出口治明
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内