有料会員限定

「生涯現役」Q&A 美術家 横尾忠則が答える

✎ 1〜 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 最新
拡大
縮小
よこお・ただのり 1936年生まれ。ニューヨーク近代美術館、アムステルダム美術館、カルティエ現代美術財団など国内外で個展を開催。朝日賞、高松宮殿下記念世界文化賞、泉鏡花文学賞受賞。講談社エッセイ賞など受賞多数。令和2年度東京都名誉都民顕彰。

特集「定年消滅」の他の記事を読む

Q1. 来年から70歳定年が企業の努力義務となります。いずれこれが本格的に導入されると、もう従来の定年の概念がなくなるように感じます。

私の場合、体に大きな変調があったのが70歳のとき。それ以前と比べると、大きな壁が出来上がってしまったような……。従来の生き方や仕事のやり方を根本的に変えないと、立ち行かない。まずやったのは、無駄な時間を削ること。好きなことだけに絞り込んで、嫌なことはいっさいしない。私なりの「隠居宣言」でした。するとどうか。好きだと思えるような仕事が増え、ストレスがうそのように消えました。こんなやり方、職場でもできるんじゃないですか? 意識の切り替えがうまくできれば定年なしで働けます。

Q2. 70歳定年にしても、「人生100年」にしても、私たちの働き方は大きく変わりそうです。どう変わっていくのでしょう。

試しに仕事の中に遊びの要素を持ち込んでみてください。遊びはそれ自体が目的なので、解放感がまったく違ってきますよ。仕事と遊びは切り離さない。仕事に遊戯性を持ち込むのがいちばんです。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
定年消滅
インタビュー/作家 五木寛之
“引退宣言"した人気ライターが提言
「お金」と「時間」の課題を解消するプログラムも
サイト制作からWebアプリ開発まで
50歳からでも間に合う
コロナ禍で需要動向に変化の兆し
ガス設備点検、中小企業の経理業務…
PART3 会社には頼らない[起業・転職編]
美術家 横尾忠則が答える
インタビュー/伊藤忠商事名誉理事・元駐中国大使 丹羽宇一郎
お金のプロが分析します!
インタビュー/CEAFOM代表 郡山史郎
即戦力が欲しい!
異色企業|ラックランド
異色企業|ファンケル
金融|明治安田生命保険
金融|大和証券グループ本社
Part2 いつまでもこの会社で|流通 サミット
流通|カインズ
インタビュー/立命館アジア太平洋大学(APU)学長 出口治明
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内