LINEスタンプは、億万長者への近道?!

上位10人の平均収入は、なんと1800万円

自作の漫画「サラリーマン山崎シゲル」をスタンプにした田中さんは、「リスクがないので、やらない理由はないなと思った。出して当たれば、おカネが入ってくる」と、始めたきっかけを説明。領収書の裏に絵を描いた「エヅプトくん」シリーズなどを売り出した吉永さんは、「半年で500万円ぐらい」と、スタンプ販売で得た収入を明かし、参加者からの質問に対し、スタンプ作りのコツなどを話した。

世界を相手に自分の才能を問うことができ、しかも一獲千金も夢ではないわけだ。

個人にも利益をもたらす仕組み

LINE本社で開かれたイベントは、人気スタンプ制作のコツを知りたい約100人で賑わった

そんな制作者からの支持を追い風に拡大するクリエイターズマーケットだが、実はLINEの世界戦略でも、重要なカギを握る可能性がある。月間利用者数で上回る米「ワッツアップ」、中国テンセントの「微信」(ウィーチャット)などとの勢力争いが続く中、渡辺マネージャーは次のように戦略を描く。

「スタンプの圧倒的な豊富さがLINEの強みだ。自分だけのスタンプを作れ、収入にもつながるクリエイターズマーケットの魅力が広まれば、利用者数の拡大につながり、海外での足掛かりを増やせる」

LINEにとっては、制作者への収益還元に加え、iOSやアンドロイドのアプリ内での課金は、米アップルや米グーグルへの手数料が発生するため、クリエイターズマーケットの販売額に占める自らの取り分は限定的である。だが、LINEが世界で戦うために不可欠な、継続的な利用者増を実現する上で、個人にも直接的な利益をもたらす仕組みを構築した意義は、決して小さくない。

ライバル追撃の有効な一手とすべく、クリエイターズマーケットの"熱"を世界規模でどこまで広げられるかが、次のハードルだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT