LINEスタンプは、億万長者への近道?!

上位10人の平均収入は、なんと1800万円

LINEスタンプで億万長者も夢ではない!? (写真:saki / Imasia)

東京都渋谷区のLINE本社で、12月18日に開かれたイベント「LINEスタンプクリエイターのリアル」は、参加した人たちの熱気で満ちていた。この日、足を運んだのは約100人。無料通話・メッセンジャーアプリ「LINE」で、利用者がコミュニケーションのために使うイラスト「スタンプ」を制作・販売することによって、”成功”を夢見る人たちだ。

LINEが5月に始めた「LINEクリエイターズマーケット」は、個人が自作のスタンプを売り出すことができるサービスである。それまでは、LINE自身や大企業、関連企業の制作する公式スタンプしかなかったが、世界中の月間利用者(アクティブユーザー)1.7億人を対象にした大きなビジネスの舞台を、一般利用者にも広く開放したというわけだ。

スタンプ制作者は約27万人

”無料”で登録・販売できることも、大きな反響を呼んでいる。スタートから半年後の11月時点で、145国・地域から登録したスタンプ制作者が約27万人、スタンプの販売総額は約36億円という規模に成長した。

イベントを主催した、アート・カルチャーを扱うポータルサイト「KAI‐YOU(カイユウ)」の米村智水CEO(最高経営責任者)は、「誰でも参加できて、収入にもつながる期待があり、クリエイター志望者が続々と参加している。イベント参加の申し込みが会場の定員を大きく上回ったため、抽選になった」と、クリエイターズマーケットが活況を呈する理由を語った。

次ページ1セット100円、販売額の50%をシェア
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT