スマホで写真を撮る、そこからアマゾンへ!

これが2015年の新マーケティングトレンド

何気なくパチリと撮った写真がきっかけで・・・(写真:Maridav / Imasia)

あなたが街中でバッタリ遭遇した、あるいは何らかの機会を狙って、憧れの有名人の写真を撮ることができたとする。手持ちのスマートフォンで撮影するだろう。

すると、そのスマホへ、ある知らせが届く。写真に写った有名人が身に着けていた服やアクセサリー、バッグなどの詳細な情報だ。要は「買わないか?」という提案である。「ウザい」と思う人が大半かもしれないが、意外な提案についクリックしてしまうかもしれない。極端な例かもしれないが、今まさにこんなサービスが産声を上げている。

撮影データから購入へ

2015年に注目度が高まりそうなスタートアップ企業がある。カナダのトロントで生まれたSlyce。日常生活を消費活動に誘うアプリをつくっている。私たちがスマホでさまざまなモノの写真を撮影すると、その商品をネット上で探し、価格や在庫の情報を教えてくれ、購入までできるサービスを提供しているのだ。主要な小売り企業6社と提携している。余談だが、SlyceのIPアドレスは「.it」で終わる。ドットコム企業ですらなく、ドットITである。

Slyceが面白いのは、写真からモノを判別するだけではなく、ビデオ(映像、動画)やオーディオ(音声)なども認識できる機能も持つことだ。撮影した商品そのものが見つからないときは、類似の商品が表示される。「お望みの商品はないけれど、こっちはどうだ?」という具合。子どもの汚れた靴を撮ったら、「そんな汚れたクツは捨ててしまって、すぐさま新品を買おう」などというわけだ。スマホユーザーが撮影した1枚の写真が、無数の消費へとつながっていく。

このアイデアをビジネスにしているのは、カナダのスタートアップだけではない。流通の新たな巨人もプレーヤーだ。アマゾンドットコム(以下アマゾン)である。

アマゾンはかねてより、画像認識技術を磨いてきた。アマゾンのアプリを使えば、商品写真をアップロードすると、アマゾンの商品ページを紹介する仕組みもできている。そのアマゾンが、自社のスマホ「Fire Phone」に実装するのが「Firefly」なる新たな機能である。

次ページ生活のシーンを撮影するだけで…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT