スマホで写真を撮る、そこからアマゾンへ!

これが2015年の新マーケティングトレンド

何気なくパチリと撮った写真がきっかけで・・・(写真:Maridav / Imasia)

あなたが街中でバッタリ遭遇した、あるいは何らかの機会を狙って、憧れの有名人の写真を撮ることができたとする。手持ちのスマートフォンで撮影するだろう。

すると、そのスマホへ、ある知らせが届く。写真に写った有名人が身に着けていた服やアクセサリー、バッグなどの詳細な情報だ。要は「買わないか?」という提案である。「ウザい」と思う人が大半かもしれないが、意外な提案についクリックしてしまうかもしれない。極端な例かもしれないが、今まさにこんなサービスが産声を上げている。

撮影データから購入へ

2015年に注目度が高まりそうなスタートアップ企業がある。カナダのトロントで生まれたSlyce。日常生活を消費活動に誘うアプリをつくっている。私たちがスマホでさまざまなモノの写真を撮影すると、その商品をネット上で探し、価格や在庫の情報を教えてくれ、購入までできるサービスを提供しているのだ。主要な小売り企業6社と提携している。余談だが、SlyceのIPアドレスは「.it」で終わる。ドットコム企業ですらなく、ドットITである。

Slyceが面白いのは、写真からモノを判別するだけではなく、ビデオ(映像、動画)やオーディオ(音声)なども認識できる機能も持つことだ。撮影した商品そのものが見つからないときは、類似の商品が表示される。「お望みの商品はないけれど、こっちはどうだ?」という具合。子どもの汚れた靴を撮ったら、「そんな汚れたクツは捨ててしまって、すぐさま新品を買おう」などというわけだ。スマホユーザーが撮影した1枚の写真が、無数の消費へとつながっていく。

このアイデアをビジネスにしているのは、カナダのスタートアップだけではない。流通の新たな巨人もプレーヤーだ。アマゾンドットコム(以下アマゾン)である。

アマゾンはかねてより、画像認識技術を磨いてきた。アマゾンのアプリを使えば、商品写真をアップロードすると、アマゾンの商品ページを紹介する仕組みもできている。そのアマゾンが、自社のスマホ「Fire Phone」に実装するのが「Firefly」なる新たな機能である。

次ページ生活のシーンを撮影するだけで…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。